GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフのインパクトとは?大切な5つのポイントと練習方法を紹介!

ゴルフの『インパクト』は一連のスイング動作の中で大切なポイントです。

ボールを遠くへ正確に飛ばすには、正しいインパクトを身に付ける必要があり、直接ボールの行方を左右するので重要度が高くなります。

インパクトに意識をおくことはもちろんですが、アドレス、バックスイング、トップスイングなどのインパクト前の動作も大きく影響しているので、そうした部分を改善することにより技術が向上することもあります。

今回は、インパクトで大切になる5つのポイントと上達するための練習方法を紹介します。

大切なポイントを意識して、反復練習を繰り返すことで正しいインパクトが身につき、ゴルフの上達が期待できます。

ゴルフのインパクトとは?

インパクト

出典:写真AC

『インパクト』とはクラブのフェイス面がボールに当たる瞬間のことです。

クラブのフェイス面がボールに当たる位置や角度、強さによってボールが飛ぶ方向や飛距離に影響がでるので、遠くへ正確にボールを飛ばすには、正しいインパクトが不可欠です。

正しいインパクトとは、軌道、当てる位置、力強さが必要で、このどれか一つでもズレが生じると思い通りのショットにはなりません。

人間がやることなので完璧にズレをなくすことはできませんが、反復練習で体に染み込ませることで、ズレを減らすことができます。

インパクトに関わらず、ゴルフ技術の向上には反復練習が必要で、上達を早めるには正しい動作を意識して繰り返すことです。

同じ反復練習でも意識するのとしないのでは、上達のスピードが違ってきますので、遠くへ正確にボールを飛ばす技術を向上させた人は、正しいインパクトの動作を意識しながら反復練習をするべきです。

初めから正しいインパクトを身につけているゴルファーはごく稀で、多くのゴルファーは練習によって獲得しています。

インパクトでの大切なポイント

ゴルフをする女性

出典:写真AC

正しいインパクトをする上で、大切になる5つのポイントを解説していきます。

インサイドイン

正しい軌道でスイングができていると、インパクトで正しいクラブの面にボールが当たるので、ボールが真っ直ぐ飛んでいきます。

スイングの軌道がおかしいと自分が思っていない方向にボールが飛んでいくことになります。

一般的にスイングの軌道は『アウトサイドイン』、『インサイドイン』『インサイドアウト』と表現しますが、スイング軌道の基本はインサイドインです。

正しいインパクトをするには基本のインサイドインの軌道を意識する必要があります。

アウトサイドインは右側へスライスしやすく、インサイドアウトは右側へフックしやすく、真っ直ぐ飛ばすにはインサイドインでなくてはなりません。

上級者によっては、状況によってわざとアウトサイドインやインサイドアウトで打つことがありますが、あくまでも基本はインサイドインです。

インサイドインの軌道を完全にマスターしてから、次のステップとして意識的にアウトサイドインやインサイドアウトの練習をするべきです。

インパクトで大切なポイントの1つ目は『インサイドイン』です。

体のブレを少なくする

スイングのときに体がブレると、インパクトでクラブの面に当たる位置がズレてミスショットに繋がります。

バックスイングのときに体を捻り過ぎていたり、頭の動きが大きすぎたりすると体がブレやすいというのがあります。

体を捻り過ぎていると、その後の動きが大きくなり、無駄な動きが生じてブレに繋がります。

頭は体のパーツの中で最も重さがあるので、少し動くだけで体全体に与える影響は大きく、頭の動き過ぎは体全体がブレになります。

体が全くブレないスイングをするのは難しいのですが、ブレを少なくすることで正確なインパクトに繋がります。

体がブレないスイングを身に付けるのは、ブレを少なくする意識で練習を繰り返す方法や体幹や下半身の筋力を鍛えてボディバランスをよくするという方法があります。

日頃からブレを少なくする意識で練習に取り組み、並行して体幹や下半身の筋力を付けることが効果的です。

インパクトで大切なポイントの2つ目は『体のブレを少なくする』ことです。

ヘッドを利かす

力強いインパクトをするにはヘッドを利かすことが大切です。

インパクトは無意識に力みがちですが、過度な力みはミスショットに繋がります。

力まずに力強さを生むには「テコの原理」を使ってヘッドを走らせます

そうすることで、力まずに力を生み出すことができるので、インパクトでのミスショットを減らすことができます。

ヘッドを利かすためには、ヘッドを遅らせる必要があり、インパクトは「ハンドファースト」が基本です。

ハンドファーストとはヘッドよりも手を先に出すことです。

手を先に出すことでヘッドが遅れて出てきて、ヘッドがしなってよく走ります

そのため、インパクトのときはボールの位置よりも前に手がきていなければいけません。

手を先に出して、後からヘッドが出すことでヘッドを走らすのです。

これができていないとインパクトで力強さが生まれず、無理に力んでミスショットに繋がります。

インパクトで大切なポイントの3つ目は『ヘッドを利かす』ことです。

体の開きを抑える

インパクトの前の早い段階で体が開いてしまうと力が逃げて、ボールを遠くに飛ばすことができません。

インパクトの直前、ギリギリまで体の開きを我慢することが大切です。

バックスイングで右足に乗せている体重はインパクトに合わせて左足に移ってきます。

そのときに、体が早く開いてしまうと力が外に逃げてしまいますが、開きを我慢してインパクトの直前に解放すれば、インパクトでボールに強い力を伝えることができます。

開きを我慢することで『タメ』を作り、一気に解放することで『キレ』が生まれます

キレが生まれると、大きな力を瞬間的に生み出すことができます。

その力を有効に使うことが大切です。

インパクトで大切なポイントの4つ目は『体の開きを抑える』ことです。

体重を左足に乗せる

アドレスのときは両足均等に体重がかかっていますが、テイクバックからバックスイングで右足に重心を移して、ダウンスイングからインパクトにかけて左足に移すことを体重移動といいます。

インパクトのときには、左足に重心移っていなければならず、体重移動がしっかりできていないと力強いインパクトになリません。

テイクバックから、バックスイングで体重を右足に乗せるのは比較的簡単ですが、その乗せた体重を左足に移すのは難しく、右足に残ったままスイングをしてしまうことがよくあります。

これだと回転が遅くなって力が生まれません。

しっかり踏み込んで右足の体重を左に移すことが力強いインパクトに繋がります。

力強いインパクトには体重移動が大切になります。

インパクトで大切なポイントの5つ目は『体重を左足に乗せる』ことです。

インパクトの練習方法を紹介

ゴルフ場

出典:写真AC

インパクトで大切になるポイントを紹介してきましたが、ここからはポイントになるところを取得するための練習方法を紹介します。

インサイドインの軌道が身につく練習方法


参考動画:ゴルフライブ|YouTube

3つのボールを左足の前、右足の前、その間に対角線に並べて、その真ん中のボールを打つ練習です。

正しい軌道でないと他のボールにも当たってしまうため、インサイドインの軌道が自然と体に身につきます。

インサイドインのスイングを自分なりに意識していても、それが正しい軌道なのか判断するのは難しく、鏡をみてスイングしてもわかりづらいのですが、この練習だと、正しい軌道のスイングか正しくない軌道のスイングかがすぐにわかります。

インサイドインの感覚がわからない人でも、この練習で正しい軌道がわかりますし、不調やスランプのときに軌道修正としても有効です。

体のブレを防ぐトレーニング

スイングにブレが生じてインパクトのミスに繋がる原因の一つに筋力の弱さがあります。

筋力トレーニングによってスイングのブレが軽減されてインパクトが安定することがあります。

スイング時の体のブレを防ぐトレーニングがこちらの動画で紹介されています。

スイングは回転運動で体が遠心力に振られるため、体幹や下半身が弱いと遠心力に耐えられなくて体がブレてしまいます。

体幹や下半身がしっかりしていると体がブレるのを防ぎインパクトも安定するのです。

技術的な感覚で身に付けることもできますが、体を鍛えるなどの別の方法で技術の向上に繋がることがあります。

日頃からブレを少なくする意識で練習に取り組むだけでなく、体幹や下半身の筋力を鍛えるのも効果的です。

こちらの記事もチェック

リッキー・ファウラーがスイング改造で大躍進の理由、ぜひ真似し…

海外男子ゴルフツアーで目覚ましい活躍ぶりを見せるリッキー・フ…

ヘッド利かす練習


参考動画:「ヘッドスピードを上げるコツコツ練習法」ゴルフライブ|YouTube

ヘッドを利かすためには、ヘッドを走らせなくてはなりません。

力まずにヘッドを走らせるには、遠心力を最大限に使うことです。

動画のような素振りの練習を繰り返すことで、遠心力で腕が振られる感覚がわかり、スイングで遠心力を生かせるようになります。

この素振りの練習をするときのポイントは、できる限り手の力抜くことです。

グリップに力が入っていると遠心力を弱めてしまいますので、グリップが抜けない程度にできる限り力を抜くことが大切です。

スイングによって生まれる遠心力をクラブの先端まで伝える感覚で手は力みません。

遠心力を生かせるようになると、力まずにヘッドを利かせることができて、力強くて正確なインパクトに繋がります。

体の開きを抑える練習

体の開きが早いと、インパクトのときに力が逃げてしまうのでギリギリまで体の開きを我慢することが大切です。

スイングで体の開きを修正する練習方法がこちらです。

ストローを使って顔の向きを矯正することで、開きを抑えることに繋がります。

人間の体には頚反射という機能が生まれながらに備わっていて、首を向けた方に体全体が向くようにできています。

そのため、顔の向きが早い段階で左側を向いてしまうとそれにつられて体も一緒に開いてしまいます。

顔の向きを残すことで、開きを抑えることができて、体を開くべきときに自然と顔を左に向ければタメで作られた力をインパクトにぶつけることができます。

スイングのときに、なかなか顔に意識をおくことができないので、ストローを加えることで意図的に顔の向きに意識をおかせ、それが開きを抑えることに繋がるのです。

体重移動の練習

右足の体重を左足に移す体重移動が強いインパクトに繋がるため、体重移動の練習が大切です。

右足に体重が残ったままだと力を発揮できません。

体重移動の練習で有効なのがこちらです。


参考動画:体重移動と軸を作る最適な練習方法とは?|YouTube

野球のスイングのように左足をあげてスイングすると勢いがついて左足にしっかり体重が乗ります。

この左足に体重が乗る感覚を身に付ければ、実際のスイングで自然と体重移動がうまくできるようになります。

テイクバックからバックスイングで右足に体重を乗せるのは比較的簡単ですが、そこから左足に体重が乗せきれない人はこの練習が効果的です。

左足に体重をしっかり乗せることができれば、インパクトで自然と力強さが生まれます。

まとめ

ゴルフのインパクトについて、大切なポイントと練習方法を紹介しました。

ゴルフの技術において、直接ボールの行方に影響するインパクトは重要な技術です。

インパクトで大切なのは、軌道、当てる位置、力強さでポイントとなるのは以下のことです。

インパクトで大切なポイント

  • インサイドイン
  • 体のブレを少なくする
  • ヘッドを利かす
  • 体の開きを抑える
  • 左足に体重を乗せる

遠くへ正確に飛ばすために、インパクトで大切なポイントでこれらを獲得するための練習も記事中で紹介しています。

ゴルフをより楽しむために、インパクトの技術向上に役立てていただけると幸いです。

ゴルフ動画マガジン【GOLFES】はゴルフの上達に役立つ記事や動画が満載ですので、ぜひご活用ください。

関連記事