GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフのウェッジの選び方とは?種類やおすすめを紹介!

アプローチの技術はスコアに大きく影響し、初心者は距離に合わせて正確にボールを飛ばすのに苦労します。アプローチで使うことが多いウェッジは、短い距離を打つのに適しているアイアンの一種で、アイアンよりも短く、パターの次に短いクラブです。
ロフト角やバウンス角などの、角度の違いで使い勝手が大きく変わります。今回は、ウェッジの選び方や種類やおすすめを紹介します。ウェッジ選びで迷っている方は必見です!

ウェッジの種類

ウェッジ

出典:写真AC

ウェッジは大きく分けて3種類あり、それぞれを距離や状況によって使い分けます。

ウェッジの種類

  • ピッチングウェッジ(PW)
  • アプローチウェッジ(AW)
  • サンドウェッジ(SW)

ピッチングウェッジ(PW)→アプローチウェッジ(AW)→サンドウェッジ(SW)の順に短くなります。
PWとAWは主にアプローチで使い、SWは主にバンカーで使います。

初心者向けのクラブセットには、PWとSWが入れられていることが多く、AWはあまり入れられていない傾向にあります。

以下、3種類のウェッジそれぞれの特徴を解説します。

ピッチングウェッジ(PW)

基本的にアプローチで使うウェッジで、「PW」と記されます。フェイス面が立っていて、ウェッジの中ではボールが上がりにくく、低い弾道のショットになりやすい傾向にあります。また、ボールが着地してからよく転がります。
距離が長かったり登り傾斜だったりするところでは、低い弾道でボールを転がすのが有効なので、そうした状況で使用されます。

アプローチウェッジ(AW)

その名の通りアプローチで使うウェッジで、「AW」と記されます。フェイス面がPWより立っておらず、ボールが上がりやすい傾向にあります。高い弾道になりやすく、ボールが転がりにくくなります。
障害物があったり、下り傾斜だったりするところでは、高い弾道でボールを転がさないほうがいいので、そうした状況で使用されます。

サンドウェッジ(SW)

基本的にバンカーショットで使うウェッジで、「SW」と記されます。AWよりもさらにヘッドが寝ていて、ボールを高く上げやすく設計されています。高い弾道でバンカーを脱出するために使います。

ウェッジの選び方

アプローチ

出典:写真AC

ここからはウェッジの選び方のポイントを解説していきます。

ウェッジを選び方でポイントになるのが『角度』です。
ロフト角、バウンス角の角度の違いで性能が大きく変わり、飛距離やボールの上がる高さが違ってきます。

単品で販売されているウェッジの多くは、PW・AW・SWなどの名称がついて販売されているのではありません。
角度から、それがどの種類のウェッジなのか判断することになります。

角度をみてバランスよく組み合わせることが大切で、角度の組み合わせが悪いと使い勝手がよくありません。

ウェッジの選び方のポイントは、角度をみて、バランスよく組み合わせることです。

ポイントになる『ロフト角』と『バウンス角』について解説します。

ロフト角

クラブのフェイスの傾斜角をロフト角といって、角度が大きいほどボールが高く上がってスピンがかかり、ボールが着地後に転がりにくくなります。

ウェッジを選ぶときは、基本的にロフト角を基準に選びます。

ウェッジの種類 ロフト角
ピッチングウェッジ(PW) 45°前後
アプローチウェッジ(AW) 52°前後
サンドウェッジ(SW) 56°前後

バウンス角

ソールの出っ張りの傾斜角をバウンス角といって、角度が大きい(ハイバウンス)ほど地面に刺さりにくく、ダフリ気味でもソールが滑って「ザックリ」を防ぎます。

角度が小さい(ローバウンス)と地面に刺さりやすく、芝の薄いエリアや土のエリアでボールを拾いやすくなります。

最適なバウンス角は、地面の状況やプレースタイルによりけりですが、ダフりがちな人はハイバウンスを使うとダフりづらくなります。初心者でダフることが多い人なら、ハイバウンスを選ぶのもアリですね。

ウェッジ選びはPWを基準にする

単品で販売されているウェッジは、「PW」や「AW」などの明記がなく、ロフト角を基準に選ぶのが一般的です。
選び方がわからない人は、PWを基準に、4~6°間隔で2〜3本選ぶのがおすすめです。

最近のアイアンセットはたいていPWまでセットになっているので、PWのロフト角を調べて、それを基準に単品ウェッジを加えていくのがいいと思います。

PWのロフト角が48°なら52°と56°を、PWのロフト角が46°なら52°と58°を、という形で、4~6°間隔で選ぶと打ち分けしやすくなります。

今使っているPWのロフト角がわからない人は、50°のAWと56°のSWという定番を選ぶのがおすすめです。
バウンス角は好みによりけりですが、アプローチでのダフリが多かったり、バンカーが苦手だったりする人は、12°程度のハイバウンスの選ぶといいでしょう。

おすすめのウェッジ紹介

ゴルフクラブ

出典:写真AC

ここからは、おすすめのウェッジを紹介します。

初心者におすすめのウェッジ1

メーカー Kasco(キャスコ)
ロフト角 44°・48°・50°・52°・56°・58°・60°

 

ヘッドが大きく、ソール面積が広いので、初心者でも使いこなしやすいモデルです。

ドルフィンと名前がついているように、ソール全体がイルカが泳いでいるような独特の形状をしています。この形状が、抵抗を少なくして、振り抜けのよさに繋がっています。

ロフト角は44〜60°までと幅広く、好みによって選べます。また、カタログ表記はローバウンスになっていますが、ソール形状の工夫で初心者にもやさしく扱え、ミスを軽減してくれるモデルなので、単品購入してしっくりくれば買い足していくのもアリです。

初心者向けのウェッジを探している人におすすめです。

初心者におすすめのウェッジ2

メーカー ダンロップスポーツ
ロフト角 48°・50°・52°・56°・58°

 

軟鉄鍛造で、打球感の柔らかさに特徴があるウェッジです。フェースパターン、レーザーミーリング、ツアージップグルーブが、スピン性能を引き出しています。
ラフからでも芝が濡れているところからでも、スピンがよくかかる設計になっています。

さらに、安定感のあるワイドソールはダフリにくく、初心者でも扱いやすいウェッジです。扱いやすいウェッジを探している人におすすめです。

こだわりの高性能ウェッジ

メーカー FOURTEEN(フォーティーン)
ロフト角 AW(51°)・SW(56°)

 

打ちやすさを追求して設計された、こだわりの高性能ウェッジです。
使う人がシンプルに選べるように、ロフト角ではなく「AW」「SW」と表記されている点が特徴的です。

ツアー仕様のスコアラインで、高精度な溝形状に設計が最適化されています。ラフやバンカー、そしてウェットな状況でも安定したショットを実現します。ダフリ気味ショットがスピンの効いたアプローチになります。

機能性に優れたウェッジを探している人におすすめです。

まとめ

ウェッジの種類と選び方、おすすめ商品を紹介しました。

ウェッジは、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)の3種類があり、フェイスの傾斜角であるロフト角でそれぞれを見分けます。
選ぶときのポイントは、PWのロフト角を基準に選ぶことで、4°〜6°間隔で選ぶのがおすすめです。また、ソールの出っ張りであるバウンス角は、好みによって選ぶのがいいでしょう。

個人の好みや感覚の違いがあるので、色々なメーカーやタイプを試しながら、自分好みを探してみてはいかがでしょうか。

初心者向けのモデルや機能性に優れたモデル、女性向けモデルなどがあるので、ウェッジ選びで迷ったときは、今回紹介したおすすめを参考にしてみてください。

 

関連記事