ラウンド中にバンカーがちゃんと均されていない状況ってたまにありますよね?
嫌な気分になりますし、まともなショットが打てない時もあります。
実はそんな状況が、プロのトーナメントでも起こってしまったのです!

2013年のトーナメントにおいて優勝争い中の池田勇太に突如降りかかった災難・・・。
バンカーの足跡に落ちてしまったせいで、スピンを効かせたショットができずバンカーから脱出できません。

池田勇太は、行き場のない理不尽にクラブをバンカーに叩きつけようとしますが、
咄嗟に思いとどまります。実際よく思いとどまったものです。

そして、池田勇太はこのホールボギーでスコアを落とすも、プレーオフを制して気迫の勝利をもぎ取りました!

詳細は、動画をクリック

勇太、よく耐えた!と思ったらシェア!

あなたが、「絶対守っているマナー」って何ですか?