GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

下半身のブレをなくす練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 536
フォローする

今回は下半身を安定させる為の練習ドリルです。

バックスイングで下半身が動いてしまったり、ダウンスイングで下半身がバタバタしてしまう方は是非実践してみてください!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!本日のレッスンは下半身を安定させる為の練習法についてレッスンをしていきます。

どうしてもバックスイングで下半身が動いてしまったり、ダウンスイングで下半身がバタバタしてしまうと、ショットの安定を作る事は難しくなってきます。

まずアドレスでしっかりと下半身に重心を置いておくこと、地面に足がついている感覚をしっかりと自分の中で感じることが重要になってきます。

この様にアドレスを構えたら、膝を少し曲げたり伸ばしたりしてバランスをとってみて下さい。

この様にして重心をどんどん下げていく意識で、この様に小刻みに動いてバランスをとります。ドシッと構えたら下半身の形はOKです。

しっかりと地面をグッと地面から動かさないという意識で下半身を作ってみて下さい。

やはりゴルフの上手い方は下半身がブレている方は少ないです。下半身がしっかりしていて上体が柔らかく振り切れている方がスイングが綺麗で、ショットも安定しています。

この様に小刻みに動いたらバランスの良い所で止めしっかりと重心を下に落として下さい。

今回の練習はここからがメインです。

実際に通常のスイングはこの様に右足を上げて、左足が最後に伸びてこの様なフィニッシュまで振っていると思います。

今回はバランスを作って下半身に重心を乗せました。そうしたらベタ足でスイングの練習をしていきます。ハーフスイングで結構です。

グッとしたらなるべく膝の向きを変えないようにバックスイングを上げて打っていきます。

フォローのラインでは右の膝が少し内側に絞る絞る!といった動きを意識して練習していきます。右足の踵を上げないように気をつけて下さい。

動かしていいのは右の膝を少し内側に絞るこれだけです。

もう一回いきます。しっかりと地面にこの様に重心を落としたら、この様な形でフィニッシュまで持っていきます。

このベタ足を意識する事で下半身はいつも以上にしっかりとしていないと右足は上がってきてしまいます。

またいつもやっている自分のスイングがどれ程バタバタしているのかという事に気づく事が出来ます。

なので一度このベタ足スイング、重心をしっかりと小刻みに膝を動かして落としてから、しっかりと動かさないという意識を持って練習をしてみて下さい。

以上で本日のレッスンを終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 536
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画