GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

体重ポジションを明確にすることでスイングは安定する!

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

今回は、バックスイングでの体重ポジションを明確にして下半身の安定を作っていく練習法です。

下半身が動いてしまう人は、かかとの外側に体重がかかるケースが多いので、今回の練習法で修正してみましょう!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日のレッスンは、バックスイングでの体重ポジションを明確にして下半身の安定を作っていく、といった練習方法をご紹介します。

今回ご用意して頂くのはボールマークコイン等を用意して下さい。マークは穴に刺す様な物ではなく、普通の丸のコインの様な物を一つご用意下さい。

こちらを靴の足の内側、母指球の少し下辺りに靴下の中に入れて固定してセットして下さい。この辺りです。この辺りにセットしてこれを貼り付けて固定し、靴下を履いてスパイクを履いて練習をしていきます。

この様に意識してコインを踏んでいく。コインに全圧力をかけていく意識でスイングをしていく事で、体重のかかり具合が明確になり更に下半身の安定が作られます。

例えば下半身が動いてしまう人はこの様に踵の外側にかかるケースが多いのでコインを踏む事が出来ません。コインを踏む意識でグッと母指球より少し下を踏んでいく意識で、この様にトップまで作ってみて下さい。

ここから踵側に行ってしまう人、コインを踏むのは中々難しいと思いますがコインに全圧力をかけていくといったイメージでスイングを作っていきます。コインの真上に乗ろうとするのではなく、コインを外側に押していくといった意識です。

なので体重は右足の真上に乗るのではなく、右側にこの様に押していく様な意識でバックスイングの体重はかかって来ます。これが真上に乗せなきゃいけないコインの真上に乗せなきゃいけないと思うとスウェーになってしまうのでここは気をつけて下さい。

右サイドに押し潰していくといった意識で練習をしていきます。

それでは一度そこのポジション意識しながらショットをしてみたいと思います。右の母指球の少し下を押してコインを踏んでいきます。この様にする事で右膝の動きや右サイドの伸びまた腰の抜けが修正されて来ます。

ぜひ一度皆さん試してみて下さい!最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画