GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

左肘が引いてしまうスライスはハーフスイングで修正

虎ノ門ゴルフプラザ村井
  • 総いいね数: 73
フォローする

虎ノ門ゴルフプラザ村井プロのレッスン動画。
今回のテーマは「左肘か引いてしまうスライスはハーフスインクで修正」です。
スライスって本当に修正するのは難しいですよね。

このレッスンのポイントは何といっても、ハーフスイングで腕の位置、左肘の位置とかクラブの振っている方向を確認しながらボールを打つこと。

左右大きく10回ずつゆっくりと捻ります。

ボールがちゃんと打てるようになると、フルスイングの動きもよくなるとのことなので、スライス克服にもなるそうですよ。

興味があるという方は是非お試しください!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

左肘が引いてしまうスライスはハーフスイングで修正

村井プロ:
皆さんこんにちは!
虎ノ門ゴルフプラザ村井でございます!

今日はですね、以前にもちょっとお話ししましたが、やっぱりスライスで悩まれている方が多いので、スライスの矯正ということでお話しさせて頂きたいと思います。

スライスする人でですね、よく見受けられる悩んでいる方、どうしてもインパクトからフォローで左の肘が引けると。
これがどうしても腕が伸びないっていう悩みを持っている人が沢山いらっしゃると思います。

それを直す為の練習法なんですけれど、なかなかフルショットで腕を一生懸命伸ばそう伸ばそうと思って意識されてもなかなか伸びるものではありません。

少しゆっくりとしたハーフスイングで考えていただいて、アドレスとりまして、下半身とかもなるべく動かさないように、もう手だけの動きでこういう動きをチェックしてください。

その時にまず肘がしっかり伸びていないと直しようがないと思いますので、まずはハーフスイングで腕の位置、左肘の位置とかクラブの振っている方向を確認しながらボールを打ってみてください。

で、これ正しく動かないとゆっくりハーフスイングしている状態でも、ボールって上手く打てないと思いますので、
これがゆっくりでいいですから、こうボールがちゃんと打てるようになると、フルスイングに向けての良い動きとなります。

そのようなことをチェックして練習されると良いと思います。
はい、参考にして頂ければと思います!
以上、虎ノ門ゴルフプラザ村井がお伝えしました。
ありがとうございました。

この動画を撮った人

虎ノ門ゴルフプラザ村井
  • 総いいね数: 73
フォローする

霞が関駅、内幸町駅、新橋駅からも徒歩圏内で、お仕事帰りやお昼休みに気軽にお立ち寄りいただけます。 初心者や女性の方中心のスクールはもちろん、打ちっ放し練習だけでもご利用ください。

マイリストに追加

関連動画