GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者が陥りやすいスライスを3つのドリルで直す練習法

ゴルフの窓口SYOKEN
  • 総いいね数: 37
フォローする

初心者に限らず、スライスに悩まれている方はとても多いと思います。
今回はドリルを3段階に分けて順にこなしていくことで、スライスしないスイングを手にいれるレッスンをご紹介します。

【ドリル内容】
ドリル①:フォロースルーだけでボールを打つ練習法
ドリル②:ドリル①にテークバックを加える
ドリル③:スライスの修正と飛距離アップを兼ねたドリル

PGA玉木おさむプロのレッスン内容書き起こし

玉木おさむプロ:
ゴルフの窓口SYOKEN所属のティーチングプロ玉木おさむです。本日は初心者のスライスボールの悩みにお答えいたします。
初心者の方のスライスボールは、クラブの振り遅れが原因で起こる事が非常に多いです。今回はそれを修正するドリルをご案内してまいります。

まず、バックスイングを取らずにフォロースルーだけでボールを打つ方法です。

では、やってみます。
ここでのポイントはボールを打つのではなく、クラブフェースで包み込むようにするのがポイントになります。包み込むようにイメージをしてやってみてください。

包み込むイメージですとボールは最初は左のほうに飛んでも良いと思います。
段々慣れてきますとボールは真っ直ぐに、そしてフェースに乗ったボールが出るようになります。

それでは次のドリルをご紹介いたします。先程のにテークバックを加えてやるようにしていきます。
テークバックでは手首で上げてしまうと、これがスライスの原因にも繋がりますので、なるべく手首を使わないようにしてダウンスイングから包み込むようなイメージで打っていきます。

それでは最後にスライスの修正とそして飛距離アップを兼ねたドリルをご紹介いたします。
これは通常のアドレスからクラブを左側に出してフォロースルーを出します。そしてクラブを元の位置に戻してからテークバックしてフォローを出していきます。

いかがでしたでしょうか?

このドリルはコツコツやっていただく事が大切です。
この冬しっかり練習して春にはストレートボールをぜひ打っていただきたいと思います。それでは次回の配信お楽しみにしてください。

この動画を撮った人

ゴルフの窓口SYOKEN
  • 総いいね数: 37
フォローする

ゴルフの窓口SYOKENは、公益社団法人日本プロゴルフ協会及び一般社団法人日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得したスペシャリストが、初心者から上級者まで質の高いゴルフ指導を行います。

マイリストに追加

関連動画