見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ドライバーのフック、引っ掛けを矯正する方法by村井プロ

虎ノ門ゴルフプラザ村井
  • 総いいね数: 33
フォローする

人気企画!
村井プロが「ドライバーのフック、引っ掛けを矯正する方法」をレッスン!

どうしてもヘッドがボールの下側から入ってきてしまうフックにお悩みの方、意外と多くいらっしゃいますよね。

村井プロによると、そういった方はなるべくヘッドが穏やかに入ってくるための練習をおこなう必要があるとのこと。

村井プロの指導は毎回、特異な練習方法が飛び出します。

今回も驚きの方法でフックを解決へと導いてくれるようなのですが・・・。

気なる方は是非、動画をチェックしてみて下さい。
※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

ドライバーのフック、引っ掛けを矯正する方法

村井プロ:
皆さんこんにちは!
虎ノ門ゴルフプラザ村井でございます!

今日はですね、この間やったスライスの反対フック引っ掛けで悩んでいる方に向けてのレッスンをしたいと思います。

はい、フックで悩まれている方、まあ原因は色々あると思うんだけど、

多く見られるのは特に、ちょっと今日ドライバーでやってみようと思いますけども、
ボールに対してティーアップしているものですから、ドライバーは少しアッパーブローですね、

アッパーブローちょっと下から上に打つ動きが強く出る人、そういう方によくフックに悩まれている方が多いです。

矯正としてはアッパーブローを少し穏やかにしてあげるっていうのが大事なんですけども、

どういうような練習をすれば良いかというと、

通常の練習場でこうティーアップ高さがあると思いますけども、

通常の高さよりもわざと低いティーアップ低いティーアップでボールを打つ練習をしてみてください。

当然アッパーブローに打つ隙間が減りますからティーの高さが低くなるので、

その分ややボールに対して少し上から打ち込むようなイメージになって打たないとボールが上手く打てません。

もちろんボールの弾道も当然低くなりますけど、これはフックの矯正ですから低い球でボールを打ち続けることが大事になってきます。

1球打ってみたいと思います。

今のようにですね、わざと低いティーアップで低い球を打つ練習それで打ってみると多分フックが矯正されると思いますので是非試してみてください。

以上、虎ノ門ゴルフプラザ村井でした。ありがとうございました。

この動画を撮った人

虎ノ門ゴルフプラザ村井
  • 総いいね数: 33
フォローする

霞が関駅、内幸町駅、新橋駅からも徒歩圏内で、お仕事帰りやお昼休みに気軽にお立ち寄りいただけます。 初心者や女性の方中心のスクールはもちろん、打ちっ放し練習だけでもご利用ください。

マイリストに追加

関連動画