見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

パターのストロークを安定させる練習ドリルbyみうら倶楽部

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 92
フォローする

PGAティーチングプロの竹内雄一郎です。

本日は、(パター練習ドリル)ストローク・リズム安定について、
紹介したいと思います。

スコアをまとめるためには。パット数を2打でおさめることが
ポイントになってきます。

グリーンのどこにボールがあるかによって、
3パットも仕方ない場合がありますが、
基準は2パットになります。

3パットは、パターのミスの印象が強くなります。
パターが苦手なゴルファーだと、4パットもありえます。

パット数が増えてしまうゴルファーのほとんどは、
ショートパットが苦手な傾向があります。

ショートパットが苦手なゴルファーには、
3つの共通点があります。

外すかもというメンタル面の弱点もあるかもしれませんが。
ほとんどは、技術的な問題です。

・手が動いていない
ショートパットが入らない最大の原因は、
手が動いていないことです。

他のクラブのように、ヘッドを走らせてしまうと、
方向性や距離感が狂ってしまいます。

ショートパットのポイントは、手首とヘッドが同時に
動くことなのです。

手をスムーズに動かして、フォロースルーがとれていることが重要です。

・肩のラインとパッティングラインが平行になっていない
肩とラインとパッティングラインが平行であることが、
ショートパット成功の秘訣です。

ショートパットが苦手なゴルファーの特徴は、
肩のラインが、オープンになっていることです。

短い距離でも、肩のラインがずれていると、
微妙にカップを外れてしまいます。

・ボールを右足寄りにセットしまう

ショートパットのポイントは、
ラインに対して、ヘッドを垂直にセットすることです。

ショートパットが苦手なゴルファーは、
カップに入れたい気持ちが強すぎてしまい、
目線がカップにいきやすく、肩のラインが開き、
ボールを右足寄りにセットしてしまいます。

そうすると、方向性がずれてしまい、
弱いボールになってしまうのです。

そこで、ショートパットが苦手なゴルファー向けの練習ドリルを
紹介していきます。

カップを意識しすぎてしまう、ボールを意識しすぎてしまう、
手首をこねてしまったり、インパクトが強く入ってしまう。

このようなミスを防ぐために、スムーズなストロークを
作る必要があります。

パターのストロークを安定させる練習ドリル

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日のレッスンは両腕の感覚を一体にして、それによってストロークを安定させるといった練習ドリルをご紹介します。

例えば右手一本だけに力が入っていたり、左手一本に力が入っている動きではストロークが安定することはありません。
なので両手の一体感を作るという事は非常に重要なポイントになってきます。

今回はボールを2つ用意して下さい。この2つのボールを脇の奥の方に挟みます。

脇の奥に挟んだら落ちない程度に軽く締めて、ギュッと押してしまうと痛いので、軽く押さえて落ちないようにセットして、ここでパターのグリップをしてストロークを作っていきます。

ストローク中に右の脇がギュッと締まる方は右手に若干力が入っている、逆にダウンスイングで左の脇に力がギュッと入っていると、
ここに力が加わるので、あっ今力が入ったなということに気がつく事が出来ます。

脇の締り具合が常に一定になっているかどうか確認しながらこの練習を進めて下さい。

脇に挟んでいると力の加減が非常に分かり易いです。

例えば右手に力が入ってしまう方は、右に押し出したり引っ掛けたりといった動きになってしまいます。

脇に挟んで圧力が一定になっているように意識をしてストロークをするようにしていきましょう!

この様にすることでストロークが安定してきます。

以上で本日のレッスンを終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 92
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画