GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

<ダンロップ スリクソン Z785 ドライバー>試打インプレッション

篠原嗣典
  • 総いいね数: 201
フォローする

今回の貧打爆裂レポートは、”ダンロップ スリクソン Z785 ドライバー” を試打!

少し上級者向けのドライバーだそうです。腕に自信がある人、ドライバーが好きな人にちょっと試してみてもらいたいとのこと。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

篠原氏による試打インプレ内容書き起こし

篠原嗣典氏:

ロマン派ゴルフ作家篠原です。

今回の貧打爆裂レポートはスリクソンのZ785 ドライバーです。

Z785、スリクソンの新しいドライバーのちょっと上級バージョンがこの785になります。

この部分、クラウンがカーボンになりました。

カップフェースっていうねフェースの部分が、これは裏から見ると分かりやすいんですけど、こういう感じですね。こういう風にカップにカップ型になっているのを圧着していると。

まあ、これはゼクシオなんかで使われている技術なんですけれども。で、サウンドリブがこうやってあって、ちょっとソールのデザインも一新されました。
さあどんなクラブなんでしょう?しっかり打ってみたいと思います!

スリクソン Z785打ってきました。

9,5度っていう事で、まあ今までのスリクソンで9,5度っていっても、そんなに球が低く抑えられているイメージを僕は持っていませんでしたが、これはね結構低く抑えられてて、且つねちょっとボールが吹き上がる感じの弾道がベースというか、基本そんなような感じになります。でも飛んでいます。非常に飛ぶクラブだと思います。

基本的にはストレートからフェードを打つのが、とても気持ち良く打てる感じで、僕だと9,5度だとドローはちょっとオーバースペックというか、スペック的にキツいかなっていう感じでしたが、純正シャフト非常に良かったです。

で、こちらのこの青いね、ミヤザキのMIZU (水) のほうもヘッドは同じスペックでお借りしました。

これはね多分そういう意図があるんでしょうけど、少しボールを捉える挙動をするんですよ。

で、これが所謂スライスに悩んでいる人とかには、非常に良いかもしれませんが、僕は捉える動きをするシャフトが実はあんまり得意ではないので、僕はもう純正のこの黒いほうのシャフトが非常に好印象でした。

785と585の比較みたいな事をいわれると思うんですけれども、これはもう本当に好き好きだと思います。

ただ、まあ本格的でコントロールだけでいったら、785のほうが明らかに僕はコントロールはしやすかったんですが、ドライバーっていうのはねそれだけではないという要素もあるので、まあ非常に悩ましかったけど面白かったです。

これねスリクソン Z785腕に自信がある人、ドライバーが好きな人はね、逆にちょっと1回打ってもらいたいと思います。

このカップフェースでね、結構芯が広いんですよ。逆に言うと芯がどこだか分かんないぐらいな感じで、初速感も凄いあります。

是非打ってみてください!

貧打爆裂レポート、ロマン派ゴルフ作家篠原がお伝えしました!

この動画を撮った人

篠原嗣典
  • 総いいね数: 201
フォローする

1965年生まれ。東京都文京区出身。板橋区在住。中1でコースデビュー。 競技ゴルフと恋愛に命をかけた青春を経て、ゴルフショップ、ゴルフ部コーチ、ジュニアゴルファー育成団体などで勤務。

マイリストに追加

関連動画