GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

中心軸を安定させスウェーをなおす練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

今回は、スイングで体の中心軸がずれてスウェーしてしまう方に向けてのレッスンです。

スイングで中心軸が左右に動いてしまうと、ヘッドの加速が作れず、むしろ減速につながることが多いです。

中心軸を意識する今回のドリルを実践することで、ヘッドスピードアップ、打点の安定が望めます。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。本日は体の中心軸をスウェーしてしまうそんな方に向けてのレッスンです。

中心軸が左右に動いてしまう事でヘッドの加速を作る事は出来ません。どちらかと言うとスウェーをしてしまう方はヘッドの減速を作ってしまう事が多いです。なので中心軸は勿論ミート率を上げる為に必要ですが、ヘッドスピードを上げる為にも必要な動きになって来ます。

今回やって頂きたいのは、足を閉じて踵の真ん中にボールをセットしてスイングの練習をしていくという事を意識して下さい。

左足のつま先は少し開いていきます。右足は真っ直ぐに向けてこの様に構えて頂き、ここから中心軸を意識して体の周りをクラブヘッドが大きく回る意識で練習をしていきます。

ここで左肘がこの様に抜けてしまったりしないように体の周りにヘッドが動いてくる、少しボールが左に飛んでいっても大丈夫です。

左肘が抜けてスライスする動きが足が閉じている状態でのスイングで出てしまうと、左肘が抜けてしまったり、軸が傾いてしまっている可能性があるので注意が必要です。

この動きで5球程度打って頂き、真っ直ぐから少し右に打てるようになったら右足を靴一足分位開いていきます。

また同じ事をやっていきます。体の中心を意識しながらショットをしていきます。

これが5球程度真っ直ぐから左に打てるようになって来たら次はもう一個開いていきます。体の中心を意識しながら動かないように、これも5球程度徐々に徐々に足を広げていき肩幅より広い所いつものポジションになるまで続けてみて下さい。

最後自分の通常スタンスに来たら、先程の足を閉じているイメージを中心軸を変えない意識でスイングをしていきます。この様にする事で中心軸のブレは修正されて来ます。

どこか開いていく最中に、「あっなんか体が動いているな」という事に気が付ける方はそこのポジションで徹底的に練習をして下さい。

基本的にスタンスが狭い程中心軸は動かしにくくなります。スタンスが大きい方左右にこの様に大きく動いている可能性があるので極端に小さくしてから練習を進めて下さい。

この様にする事で中心軸のスウェーは修正されます。本日は以上でレッスンを終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画