初心者アプローチ基本レッスン1「アドレス・左右対称・手首の角度をキープ」 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者アプローチ基本レッスン1「アドレス・左右対称・手首の角度をキープ」

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 725
フォローする

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:
それではアプローチの基本レッスンに入ります。

アプローチで大切なのは手首の動きを使わないということです。

グリーン周りのアプローチで手首の動きを使ってしまうと、ダフリであったりトップのミスショットになってしまいます。基本的にアドレスでできた手首の形というのを固定して体のターンだけでスイングを作っていきます。この様にすることで方向性と飛距離が安定してきます。

大切なのはアドレスです。アプローチのアドレスはこの様に構えて下さい。グリーン周りのアプローチのアドレスで飛ぶようなこの様なアドレス、飛ばしそうなアドレスは必要ありません。体重移動も行わないので、足を閉じて飛ばないアドレスでクラブは短く持ちくの字の形を作って左足に体重を乗せて構えるようにして下さい。この様な形です。

このアドレスが非常に重要になります。このアドレスがインパクトの形になってきます。バックスイングをしてこの形に戻すだけです。

この様にアドレスが出来たら、往復素振りをして手首が固定されているかどうか確認して下さい。これでも難しい方はおへその前でこの様にクラブを持ち上げて体を動かしてみて下さい。このクラブヘッドの高さが一定に保たれる様に意識して振っていきます。

この時にこうなってしまったり、上に上がってしまう様な打ち方はNGです。このまま高さを一定に振れるかどうかです。この動きを下で行うだけです。この様に打つと本当にアプローチは簡単です。綺麗に打つことが出来ます。

苦手意識を捨てないといけません。苦手意識があると、どうしても手首を離してこの様に叩きにいこうとしてしまいます。なので手首を固定している状態を意識してずーっとこの様に振ってください。

クラブを一本で持てる方は、左手首をこの様に押さえて手首の角度が変わっていないか素振りで確認する方法もあります。また逆に右手首を押さえてこの様に確認する方法もあります。この様な動きをしっかりと身につけてアプローチをしてみて下さい。

それでは一度打ってみます。手首の固定をして体のターンをするだけです。この様にすると簡単にボールが綺麗に打てます。

また片手で練習できる方は手首を押さえて手首の固定でこの様に打っていきます。ここでスイングで大切なのは振り幅を左右対称に作っていくということです。なので先程往復素振りをして下さいと言った時に小さく大きく振らないようにまた大きく小さく振らないようにして下さい。往復素振りをする際は振り幅を一定に左右対称に振ることを心がけます。大きくするならフォローも大きくするといった形で距離感を作っていきます。

ステップ1ではこの左右対称の振り幅を覚えるという事、また手首の角度をキープしたまま振れるようにするという事、もう一つはアドレスをしっかりと作るという事、この三つをしっかりと押さえて練習をして下さい。

これが出来ましたらステップ2に入っていきます。以上で終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 725
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画