<キャロウェイ EPIC STAR アイアン>試打インプレッションby篠原嗣典 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

<キャロウェイ EPIC STAR アイアン>試打インプレッションby篠原嗣典

篠原嗣典
  • 総いいね数: 274
フォローする

ロマン派ゴルフ作家の“篠原嗣典”が最新のギアを試打インプレッション!

今回は2017年の9月に発売されたばかりの『キャロウェイ EPIC STAR アイアン』をテスト!

キャロウェイの『EPIC』といえば、今年ドライバーが大注目を浴びた。
しかし、今回紹介するのはドライバーではなく、アイアンである。同社はヘッドが小さめでオフセット気味の『EPIC PROアイアン』と大きなヘッドで安心して構えられるオーソドックスなデザインの『EPIC STAR』アイアンの2種類を9月15日に発売した。

公式プロモーション動画では上田桃子、藤田光里、佐伯三貴といった今を時めく人気女子プロ4名が7番アイアンで平均150ヤード近くを叩き出す映像が公開されており、SNSではちょっとした話題になっている。
内容は飛距離が出る「飛び系」のアイアンをプロが使えば、ここまで飛ぶのかという強烈な印象が残る動画に仕上がっていて大変驚いた。

今年はメーカー各社が競うように「飛び」をアピールするクラブを発売しており、アマチュアゴルファーからも「飛び系」は一定の支持を獲得しているように思われる。
ただ、厳しい見方をすれば、ストロングロフトでシャフトも長くすれば、飛ぶのが当たり前である。
過去には本来は6番のロフトだが、刻印を7番にしたようなモデルもあったのでそういったモデルとどこが、どう違うのかが気になるポイントではある。

今回、試打したのは大きなヘッドで安心して構えられる『EPIC STAR』アイアン。
最初の印象はバックフェースがかなり格好いい感じに仕上がっているということ。フェース面も大きいという感じはなく、構えた時に期待感が出る感じに仕上がっている。
ただ、実際にボールを打った時の感触は非常にシャープ。難しくもないが、易しくもない。ボールが上に行くっていうのがちょっと弱い感じがあり、球が上がにくい人は少し難しいと感じる面もあるかもしれない。逆に高く上がり過ぎる人にはプラスに働くかもしれない。

飛びに関しての性能は本当にトップクラスでクラブの番手は2番手ぐらい変わってくる。
ただ、ショートアイアンも余計に飛ぶので9I以下のクラブをどういうふうにするかっていうのが問題になってくる。メーカーからはPW、AW、GW、SWの別売りもあるそうなので一緒に購入する方法も有りなのかもしれない。
今回、お借りしたモデルのシャフトはスピーダーのエボリューションという純正シャフトで捉えにいこうっていう動きを助けるみたいな挙動を見せる感じがあった。
他にもN.S.PRO Zelos 7という軽量シャフトとの組み合わせもある。個人的な感想としては、打感がアイアンっぽくない感じがしたところが少し気になった。全体的にポワーンとした飛び方だったのでもう少し「打ちごたえ」が欲しいなと感じた。

動画の内容が気になったという方は今すぐチェック!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

キャロウェイ EPIC STAR アイアン

篠原嗣典氏:
貧打爆裂レポートロマン派ゴルフ作家篠原です。
今回はキャロウェイのEPICSTARアイアンテストしてみたいと思います!

キャロウェイEPICSTARアイアンです。
まあ、ぶっ飛びアイアンっていうことでね、このバックフェースなんかも凄い格好いいんですけどね、
仕上げがこう色々工夫があって格好いいんですけども、
こうやってね構えた感じも、なかなかちょっとやるなあという感じで、
こちらのアイアンぶっ飛びアイアンってことなんですが、
ちょっとフェースもね、そんないうほど大っきくなくてちょっと期待させますね。

で、シャフトはスピーダーエボリューションのエピック、アイアン用のシャフトでRシャフトが付いてます。
まあ、とにかくどんくらいぶっ飛ぶのか、どんな感じの球が打てるのかじっくり打ってみたいと思います!

キャロウェイエピックスターアイアンです。
まあ、鳴り物入りといいますかですね、ドライバーを始めとしたウッドがもの凄くヒット商品となりましたので、それに続いて興味を持っている方も多いと思いますが打ってみました!

まず1番言えることは非常にシャープなアイアンです。
シャープなアイアンってどういうことかというと、ちょっと言葉悪いですけど易しくないんですよ。
難しくもないんですが易しくないんです。

これ非常に重要で、ぶっ飛びアイアンっていうのは結構沢山世の中に今までもあったんです。
だけど飛ぶんだけど、ちょっと難しいってアイアンも実際は市場にありました。
だからその飛びの性能を平均飛距離って意味で活かせないっていうケースが結構あるんですね。
だからスコアに反映しない。

で、そういった意味でこのアイアンは難しくはないです。
ただやっぱり易しくもないんですよ。
っていうのはどういう所をいっているかっていうと、
1つにはボールの浮力ボールが上に上がろうとする力に関して、初速ビューンって飛んで行こうとするエネルギーのほうが強く働いてボールが上に行くっていうのがちょっと弱い感じがします。

で、これがマイナスかというと、例えば球が上がり過ぎちゃう人にはプラスに働くわけですよね。
で、かつ逆にですね。今、ドライバーとかもみんな棒球の傾向にありますので、アイアンもそういうふうにねビューって吹き上がって行くんじゃなくてドーンって行くような感じで打っていきたい人には非常に良いと思いました。

で、このアイアンなんですけれども、飛距離性能は本当にトップクラスです!
まあ僕で言うと大体2番手ぐらいはミドルアイアンの場合は飛びます。

で、ショートアイアンも飛ぶんですけど、これ注意しなきゃいけないのは、6番からピッチングまでがセットで売っている。
ピッチングまでなんですけど、このピッチングまでだと下がもの凄く開きます。

ピッチングウェッジが、今まで僕が使っている物でいえば9番と8番の間ぐらいかっていうぐらいまで飛んで行ってしまいますので、非常に、その下っていうのをどういうふうにするかっていうのが重要になってくると思います。

で、その結果ですね。メーカーとしてはAWピッチングウェッジの下に別売りでAWで、GWギャプウェッジですね。
が、あってサンドウェッジっていうふうにウェッジ3本用意しているんで、そちらのほうも一緒に購入したほうが、使うんであればそのほうが使いやすいだろうなっていうふうに思いました。

で、このスピーダーのエボリューションのシャフトなんですけれど、ウッドのものに比べると、まあちょっと、うーーん挙動としてですね捉えにいこうっていう動きを助けるみたいな動きをするような感じを僕はしました。

で、他にも軽量シャフトとかの組み合わせというかセッティングもありますので、まあその辺はお好みでという形になると思います。
まあこのアイアンもですね、ドライバーと同様に結構売れるんじゃないかなというふうに思いつつ、
今言ったようにちょっとね未知の領域というかですね、もうなんかとにかくドライバーと同じような感じでゴルフしていきたいっていうふうに方には良いと思います。

僕は個人的にはですね、なんかねユーティリティとかハイブリッドを打っているいうな感じがして、要するに打感がちょっとアイアンっぽくないんですよ。

ポワーンって言うと言い過ぎなんですけれども、ちょっとそこが個人的には気になってアイアンっぽい打ちごたえがあるほうが好きだなあっていうふうに個人的には思いました。

まあ、ただぶっ飛びアイアンですし、面白くゴルフやろうっていう意味では非常に良いと思います!

貧打爆裂レポートロマン派ゴルフ作家篠原がお送りしました!

この動画を撮った人

篠原嗣典
  • 総いいね数: 274
フォローする

1965年生まれ。東京都文京区出身。板橋区在住。中1でコースデビュー。 競技ゴルフと恋愛に命をかけた青春を経て、ゴルフショップ、ゴルフ部コーチ、ジュニアゴルファー育成団体などで勤務。

マイリストに追加

関連動画