GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

<PING G400 MAX ドライバー>試打インプレッション

篠原嗣典
  • 総いいね数: 171
フォローする

今回の試打インプレは「PING G400 MAX」
昨年の日本ツアーで男子・女子共に賞金王が使っていたG400の追加バージョンです。

445ccだったヘッドが460ccになったりと色々変化があるようですが、 詳細は動画で!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

篠原嗣典氏の試打インプレ内容書き起こし

篠原嗣典氏:

ロマン派ゴルフ作家篠原です。貧打爆裂レポート、今回テストするのはPINGゴルフのG400 MAX ドライバーです。

PINGゴルフのG400・MAXG400の3種類、去年出た物が445ccだったんですけど、今度は460ccという事で大きくなりました。

まず間違いなく言えるのは、MAXっていうぐらいですのでそのデカイっていう事が強調されているわけですが、ちょっと注目すべきは40グラムしかないシャフトが標準シャフトになっています。これ面白いことにフレックスもないんです。RとかSとかそういうのもなしにとりあえずこれはこれですよみたいな、ちょっと面白いですね。

G400自体は去年、日本のツアーで男子も女子も賞金王が使ってたクラブとして一躍有名になりましたから、待望の追加バージョン待ってた人も多いと思います。460ccのG400 MAXどんな感じなのか打ってみたいと思います!

打ってきました。PINGゴルフのG400 MAX ドライバーです。

シャフトがね、なんかちょっと打った事がない感じの‥軽さだけじゃなくて柔らかいんですけど、反応とかそういうのはね、硬いシャフトみたいな反応もちゃんとするんですよ。だからきっちりねスイングしてやればちゃんと応えてくれる。無理に、軽いからとか、飛ばそうとかいう風にしなきゃ行くという意味ではシャフトも中々面白いシャフトでした。

さて、ドライバーその物の話なんですけど、これはね前の3モデルのG400よりも僕はこっちのほうが良かったですね。前のG400ももの凄く良かったですけどそれを上回る良さです。

まずね、あのG400の特徴というか、売りのポイントであった飛距離性能はそのまま引き継いでいます。飛びます。

で、僕は実は去年出たG400の2017年に出たモデルは左に行くなあって警戒しないと振れないっていうような実は印象を持っていたんですけど、このG400MAXはね、その部分がありません。要はあまり左に行きにくいんですね。

これは大きいせいなのかもしれないですし、そういう色々調整をしているのかもしれないですけど、良かったですねー!

普通にスタンダードにパッって打つと、やや軽いドローが出る感じなんですけれども、スイッチ1個でフェードも打てますし、強いドローも打てます。

で、ボールの高さもね高い球も低い球も打てちゃうんですよ。それでそれが、それぞれ色んな弾道にしても距離が落ちません。トップクラスの中のさらにトップクラスっていう飛距離性能だったんですね。

それにシャフトが40グラムで軽いっていうせいもありますけど、きっちりスイングして、スイングで運ぼうと思って打っているわけですね。だけど、力強いんですよボールが。やんわり打っているような弾道ではない弾道が行きます。

で、ボールの所に行ってみたら飛んでいるんですよ、それが。いやー、ちょっと惚れ惚れしましたね。良いドライバーだと思います。

前回のG400のドライバーをちょっと躊躇してた人はこのドライバーは買っても良いんじゃないかなと思います。

で、シャフトはですね色んなバリエーションがあります。重いシャフトを付ける事も可能ですし、この40グラムのシャフトも新しいゴルフクラブのね、分野というかもしかしたらこれがスタンダードになっていくのかな?
軽くて硬い、ちょっと硬いっていうシャフトがブームになっていくような気もします。

で、飛距離性能のもしかすると何割かはこのシャフトが持っているのかもしれないとちょっと思ったりもしましたが、とにかくG400 MAX、ドライバーとして、なんかねこうあってほしいっていうのが全て網羅されていると言ってもいいのかなっていう1本でした。本当に良かったです。

是非、これね打ってみてください!貧打爆裂レポートロマン派ゴルフ作家篠原がお伝えしました!

この動画を撮った人

篠原嗣典
  • 総いいね数: 171
フォローする

1965年生まれ。東京都文京区出身。板橋区在住。中1でコースデビュー。 競技ゴルフと恋愛に命をかけた青春を経て、ゴルフショップ、ゴルフ部コーチ、ジュニアゴルファー育成団体などで勤務。

マイリストに追加

関連動画