GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

<スコッティ・キャメロン セレクトラグーナ>試打インプレッション

篠原嗣典
  • 総いいね数: 170
フォローする

今回の貧打爆裂レポートは、”スコッティ・キャメロン セレクトラグーナ” を試打!

フェース長の長さが特徴のこのパター、篠原さんいわく「距離感には自信があるけど、方向性はちょっと‥」という方にオススメとのことです。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

篠原氏による試打インプレ内容書き起こし

篠原嗣典氏:

ロマン派ゴルフ作家篠原です。今回の貧打爆裂レポートはスコッティ・キャメロンラグーナをテストしたいと思います!

スコッティ・キャメロンセレクトラグーナ、2018年モデルなんですけど、今年からねちょっと形状が変わったっていうことなんですが、中々こう、こういう感じで、ちょっとねこのトゥに向かってボリュームがあるっていうのが特徴なのと、フェースがねちょっとね長いんですよ。フェース長がある。カップよりもフェースが長いっていうのが特徴ですね。打ってみたいと思います!

打ってきました。まあ、このラグーナっていうタイプのものは、僕は実は初めてこの手のラグーナのバージョンっていうのは打ったんですけど、1つにはねキャメロンっていうのはやっぱり丁寧に作っている。まあ、色んなねこういう細かい部分が本当に良くできているんですよ。

でこういう風に構えた時のね、見え方というか曲線の作り方、直線のね、こう綺麗にね直線に淀みがないというか歪みがないというか、構えた時に全くその色んな事が邪魔にならないっていう意味ではスゲェー!なって思いました。さすがです。

で、これはねもうはっきり向いている人、こういう人が良いなと思うのがはっきりしました。

何かっていうとこのフェース長がありますから、このフェース長を活かすという意味では、ブレードがこうやって揺れる。こういう風に上げる時とかに揺れたりとかするのをフェース長が長いほうが分かり易いんです。ですので、距離感には自信があるんだけど、方向性に悩んでいる短いパターがこうブレやすいっていう人が、フェース長が揺れないように打ってもの凄いパットが入るようになるという事がありうるパターだという風に思いました。

ロマン派ゴルフ作家篠原がお伝えしました!貧打爆裂レポートでした。

この動画を撮った人

篠原嗣典
  • 総いいね数: 170
フォローする

1965年生まれ。東京都文京区出身。板橋区在住。中1でコースデビュー。 競技ゴルフと恋愛に命をかけた青春を経て、ゴルフショップ、ゴルフ部コーチ、ジュニアゴルファー育成団体などで勤務。

マイリストに追加

関連動画