GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

自宅で出来るバスタオルを使ったスライス修正ドリル

高野 順二
  • 総いいね数: 9
フォローする

中台ゴルフセンターの高野プロが、自宅で簡単に出来るスライスの修正ドリルを伝授!

スライスの原因となるスイングのフォームを直すことで、飛距離もアップするのでおすすめです!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

高野順二プロによるレッスン内容書き起こし

高野順二プロ:
中台ゴルフセンターの高野です。今日はスライスが出て飛距離不足に悩む皆さんに、自宅で出来る簡単なドリルをご紹介したいと思います。

スライスをしてしまう方の多くが、左肘が引けたり、ダウンスイングで手が離れ、ヘッドスピードが上がらずフェースが開いたままインパクトをしてスライスが出てしまいます。

正しいインパクトは、手が体のそばを通り左肘が外旋といって外に向く動きによってフェースがしっかり閉じた形です。このイメージを練習してみたいと思います。

それではドリルを紹介したいと思います。

バスタオルを用意していただいて、先を軽く縛ります。壁を横にしていただいてインパクトの形のスイングをしてみてください。

その際に左肘が引けてしまったり、手が壁にぶつかったり、もしくは離れてしまいますとなかなか壁を叩く事が出来なくなってきます。

正しいダウンスイングをしていただいて、左肘が外旋、外に向いていただくとしっかり壁を叩く事が出来てきます。手を壁にぶつけないように注意しましょう。

慣れてきましたら左手一本でやってみましょう。右手は脇を抑えます。

しっかりと肘が外に向いています。

このようにフェースをしっかり閉じることが出来、また、先っぽクラブヘッドが大きく動いていきますと、スライスがなくなり距離もアップできます。

是非皆さんも自宅でやってみてください!

この動画を撮った人

高野 順二
  • 総いいね数: 9
フォローする

大学卒業後渡米サンディエゴゴルフアカデミーなどを経て帰国、現在は東京の板橋区で練習場を経営しながらPGAティーチングプロとしてレッスンをしております。

マイリストに追加

関連動画