スイングを安定させる練習法〜クラブは常に胸の前!〜 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

スイングを安定させる練習法〜クラブは常に胸の前!〜

フラッグスゴルフスクール
  • 総いいね数: 121
フォローする

クラブは常に胸の前で!スイングを安定させるドリル

前半は左に出るボールが多く、後半は逆に右ばかりボールが飛んでしまう……。
あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

スイング中、クラブが体の中心より左側にずれたり、寝てしまったりすると、ミスショットの原因になることがあります。

今回は「フラッグスゴルフスクール」の橋本プロが、クラブ・腕・体の一体感を確認する練習ドリルを紹介!

よりミート率の高いインパクト目指して

橋本プロいわく、胸から胸の高さのハーフスイングでボールを打ち、クラブと体が一体となったスイングができていれば、スイングしたあと体とクラブは同時に元に戻ってくるのだそうです。

体が先行してクラブが遅れてしまうと、正面に戻したときもズレがある状態なため、安定感のないスイングになってしまっているそうです。
右に左にボールがばらけやすい方や、よりミート率の高いインパクトを目指したい方は、打った後もクラブを正面に戻せるような、ハーフスイングの練習に励んでみてはいかがでしょうか?

内容が少しでも気になった方は、今すぐ動画をチェック!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

【音声書き起こし】スイングを安定させるための練習法

橋本プロ:
皆さんこんにちは!
フラッグスゴルフスクールの橋本です!

今回はクラブと腕、体の一体感を確認するための練習ドリルをご紹介します!

ゴルフスイングは、体よりもクラブが寝てしまったり、手元が体の中心よりも左側にずれてしまったりすると、ミスの原因となります。
体とクラブの一体感を確認するための練習方法をご紹介します!

通常の胸から胸の高さのハーフスイングでスイングをしていただいて、クラブを打ったあとに正面に戻す練習方法です。

では実際にボールを打っていきます。

胸から胸の高さでハーフスイングをして正面に戻します。
クラブと体が一体となったスイングができていれば、スイングしたあと体とクラブは同時に元に戻ってきます。

体が先行してクラブが遅れてしまったスイングをしている方は、正面に戻してきた時もズレがあって正面に戻ってくるようになりますので、打ったあとも同時に正面に戻せるような練習をしてみてください。

ゴルフスイングとは常にクラブと腕が胸の前にある状態でスイングできれば安定してきます。
ぜひトライしてみてください!

この動画を撮った人

フラッグスゴルフスクール
  • 総いいね数: 121
フォローする

フラッグスゴルフスクールは「楽しく学ぶゴルフ」をコンセプトに、千葉・埼玉で開校しています。感覚を大切にしたプチレッスンやもっとゴルフが楽しくなる情報を動画でお届けします!

マイリストに追加

関連動画