見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 131
フォローする

竹内プロの音声書き起こし

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日はボールがインパクトの時にフェースを滑って右にスライスしてしまう方の為の練習ドリルをご紹介させて頂きます。

まずスライスが出る方というのは、このインパクトゾーンでヘッドが戻らずに手元が加速してヘッドが減速して、フェースが開いてスライスまたフェースが開いて滑ってしまいます。
このインパクトゾーンでは手元の動きというのは減速していきます。減速していく中でヘッドの動きが加速してスイングが作られます。

なのでバックスイングではヘッドが右サイドの方で上にいます。

インパクトを超えたら左サイドでヘッドが上にいる形、これが正しい形になりますが、どうしても手だけで振ってしまう人というのはこの様なスイングになっていってしまいます。

どれだけ速く振ってもこのスイングではボールを飛ばす事が出来ません。
うまくヘッドを遠心力を使って振っていないので強いボールを打つ事が出来ません。

ここから今回やって頂くのはインパクトゾーンで減速する形を作って、その動きでヘッドがかえってくる動きというのを体感して頂きます。

まず右手一本でクラブを持って下さい。この右手の横に左手をこの様に手の平を開いてあてがって下さい。ここでバックスイングをしていきます。
肩のラインまでで結構です。

ここからダウンスイングをしてインパクトで手の平をこの様に叩いていきます。
手と手を合わせていきます。この様にすることでヘッドが向こうに左側にグンッと押される動きが体感できます。

実際にこの動きがスイング中に出来ればスライスは修正されます。体の真正面で手の平を合わせる!この様に要はここでて手の動きを止めている訳です。
止めてヘッドを加速させているイメージです。

実際にこのイメージで今の素振りでボールを打ってみます。
少し短く持ってアドレスをセットします。
ここからバックスイングをして手の平を合わせる!構えて手の平をセットします。
インパクトで叩きます。

この様にすると極端に左に曲がっていきます。この動きで結構です。
しっかりとインパクトで止める!インパクトで手を止める!という動きで加速を作っていきます。

それでは今のイメージを持ってスイングをしていきます。
インパクトで止めるイメージだけで結構です。

加速させないという事がここでのポイントになりますので、しっかりと練習をして手元が速く動かない様に意識をしてスイングをしていきましょう!

以上で本日のレッスンを終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 131
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画