初心者アイアン基本レッスン1「スクエアなテークバックの動き」 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者アイアン基本レッスン1「スクエアなテークバックの動き」

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 726
フォローする

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:
アイアンの基本レッスンステップ1に入ります。
このステップ1では、テークバックでの動きをしっかりとスクエアに動かす練習をしていきます。

アイアンでよく言われるのが、速く上にこの様にコックを作ると言われる動きがありますけれども、この様になってしまうと肩の捻転不足になってしまうので、テークバックは手首を全く使わないように意識をして練習をしていきます。

手首を固定したまま、左肩右肩を同時に動かす捻転をしていく。ここで出来た肩・肩・グリップの三角形を崩さないように膝まで動かして下さい。

この動きで打てるかどうかを練習していきます。

この時にクラブヘッドがこっち側に引いてしまう、体を捻転しようとすると、どうしてもこの様に動かそうとしてしまうので最初はガイドラインを置いて練習をしていきます。

まず目標方向に対して後方に一本この様に置いて下さい。前方にもこの様に一本置いて下さい。

この様に置いて頂いたら、この上をバックスイングはヘッドが通っていくように意識をしていきます。
このようになってしまうと、スイングプレーンから外れてフェイスは開いてしまいます。

この上を通ってスイングが出来るようにまずは練習をします。
クラブを置くボールとのこの幅はグリップ二つ分程度離すようにして下さい。

それでは一度打ってみます。膝から膝アプローチをするような感覚で真っ直ぐ真っ直ぐといった形です。

このフォローのラインでは、クラブヘッドをこのクラブの上を通そうとする意識はしなくても大丈夫です。
フォローのラインではボールがこのクラブの上を通過してくる意識で振っていきます。

バックスイングだけクラブヘッドが真上こっちは左サイドへ少しなってきます。このように最初テイクバックの段階で、飛び出し方向をストレートに飛ばすことが出来るようになるまで練習をするようにして下さい。

打った際にこのようにいきなり右に飛んでいってしまったりすると、大きくスイングした時にスイング軌道は絶対に安定してきません。まずこの膝から膝少し高い位置までしっかりと飛び出し方向を安定させれるように練習を繰り返し行っていきます。

このポジションは非常に重要になってきますので何度も何度も繰り返し練習をして下さい。

練習としてはあまり楽しい練習ではありませんが50球は練習をするようにして下さい。

50球を練習して真っ直ぐ行くようになれば次のステップに進みます。以上でステップ1の説明を終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 726
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画