GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者ドライバー基本レッスン1「テークバックの動き」

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 510
フォローする

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:
それではドライバーの基本レッスンに入ります。ステップ1をやって頂きます。
このステップ1ではテークバックの動きをスムーズに動かす練習をしていきます。テークバックで手首を大きく使いすぎるとフェイス面が大きく変わってしまいます。体と一体感を出しながらテークバックをする練習をしていきましょう。

それでは始めていきます。
まずクラブを極端に短く持って頂きます。このグリップエンドをおへそに当てます。左腕を伸ばした状態でこの様に握ります。ここで右手をこの様に持ちます。ここでボールに構えます。

ステップ1ではスタンスをまず閉じて練習をしていきます。ここからお腹にさしたまま、グリップエンドがおへそからバックスイングで離れないように気をつけて下さい。
離れないようにこのままバックスイングをして、膝から膝のスイングで左腕は常に伸びた状態を意識して打っていきます。
この時に気をつけないといけないのは、ボールの回転が左に飛んでいったり右に飛んでいったりしないように真っ直ぐボールが飛ぶように意識をして下さい。手先で動かさない、手先で打たない、スピードを速く打とうとしない、ということを気をつけて打ってみたいと思います。

左腕を伸ばしておへそにさします。その後に右手を持ちます。ここからゆっくりこのように繰り返し何度も打って下さい。
このようにまずスタンスを閉じて膝まで動かす動きを練習することで、中心軸のブレも抑えることが出来ます。自然と体の回転が使えて手打ちスイングが無くなります。ゆっくりとしたリズムで何球か練習をして下さい。この練習を10球◯30球程度練習をするようにして下さい。これが真っ直ぐ同じ位置に飛ばすことが出来るようになればOKです。

次は足を閉じている状態から足を開いて同じ動きをやってみます。足を開いた時に気をつける点としては、足を閉じている時は中心軸は動かないのですが、足を開いた時にこの様にバックスイングで動いてしまったり、ダウンスイングで左側に動いてしまわないように、頭の位置をボールのポジション目線を変えないように同じ動きを行なって下さい。この練習も10球◯30球程度練習をするようにして下さい。

この動きが出来ましたら次はグリップエンドをおへそから外します。外して先程と同じ動きを行なって下さい。
この時におへそから離していますが、グリップエンドは常に膝まではおへそを向いている意識を持ってスイングをしていきます。
このようにすることで、肩の動きもスムーズに動き体の一体感が湧いてきます。この様に手首だけで動かしてしまうとフェイス面もいきなり変わってしまいますので真っ直ぐ打つことが膝の高さだけでも難しくなってきます。なのでグリップエンド=おへそを向くという形でボールを打っていきます。この時に同じく左腕も伸びたまま意識をして下さい。

それでは一度打ってみます。

続いては振り幅を大きくしていきます。今のテークバックの動きは忘れないように、真っ直ぐ動かすグリップエンドはおへそをさすという意識を持って動かしていきます。
さらにもう少し振り上げて、同じようなイメージでグリップエンドはおへそを向き左肘は曲がらないこの形を腰まで持っていきます。

フォローも同じです。グリップエンドがおへそをさすような意識でグッと回していきます。フォローのラインではしっかりとおへそが回らないとグリップエンドまでさすことが出来ません。

それではまず最初に短く持って素振りこの様な意識で振ってみて下さい。左腕を伸ばしたままここまでですね。

それでは一度この高さでおへそにさして打ってみたいと思います。おへそにさしてこのまま上体を回し体を回していきます。この練習も10球◯30球程度真っ直ぐ打てるようになるまで練習をして下さい。

続いては先程と同じ様に離して、腰まで動かしていきます。慌てずにゆっくりボディターンで打っていきます。この様に何球も何球も小さい振り幅でまずは綺麗に体と一体感を出しながら打てる様になるまで練習を続けて下さい。これでステップ1終了となります。ここまでしっかりと練習をする様にして下さい。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 510
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画