GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ドライバースイングで早打ちしないための練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 176
フォローする

【ドライバーの飛距離ロス解消!】

“みうら倶楽部”竹内雄一郎プロによるレッスン動画!

ドライバーで飛距離をロスしている方の多くは、バックスイングからダウンスイングにかけてヘッドの加速を付けてしまい、結果小さなフォローになって飛距離をロスしています。
今回は、そんなドライバースイングの早打ちで飛距離をロスしてしまっている方に向けてのドリルです。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

ドライバースイングで早打ちしないための練習法

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日はドライバーのスイングのリズムで早打ちにならないように意識する練習法です。

まずバックスイングからダウンスイングにかけて、クラブヘッドの加速を作らないように意識してスイングする必要があります。

ここから早く振り過ぎてしまうと、フォローでは減速した小さなフォローになってきてしまいます。

バックスイングからダウンスイングまではゆっくりとしたリズムで下りてきます。

意外にこの切り返しで力を入れ過ぎて、バンッと打ってしまう方が多いです。
このようなスイングになってるパターンが多いです。

バックスイングから力を入れて、このように途中でスイングが終わってしまっている方、飛距離がかなり勿体ないスイングになっていますので、今回行う練習ドリルを行ってください。

バックスイングからダウンスイングにかけてゆっくりきて、インパクトゾーンの手前辺りから加速をして、フォローのこの辺り腰の辺りが一番加速していきます。

ゆっくりとダウンスイングして加速!
バックスイング〜加速!

このようにフォローのラインで風を切る音を聞いてスイングを作れるようにしてください。

今回はこのイメージをさらに付けるために、クラブを反対に持って素振りをしていきます。

バックスイングをします。ゆっくり振ってフォローで風を切る音がする。

それでは流れで見てみます。

NGな動きは、このように振ってしまうとスピン量だけ増えて吹き上がったボールになってしまいます。

しっかりとフォローの左サイドフォローの動きの時に風を切る音を聞けるようにして、素振りをするようにしてください。

スイングが綺麗に大きく振り抜けてきます。以上で本日のレッスンを終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 176
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画