フォローを意識することでショットの精度を上げる方法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

フォローを意識することでショットの精度を上げる方法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 728
フォローする

インパクトでボールを意識し過ぎてしまうことで、フォローがあまり出ず折りたたんでしまい、ミスショットになるケースは多いです。

そこで今回は、フォローのラインを意識することでインパクトを意識せず、綺麗なスイングをつくる練習法をお伝えします。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:
皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日のレッスンはフォローを意識する事でショットを安定させるといった練習をしていきます。

どうしてもインパクトでボールを意識し過ぎてしまう、インパクトを意識し過ぎてしまうことで、フォローがあまり出ずに折りたたんでしまい、飛距離が出なかったりショットが安定しなかったりミスショットをしてしまうケースが非常に多いです。

なので今回はインパクトをあまり意識しない為の方法についてレッスンをしていきます。

スイングの中で意識していく部分は、フォローで肩よりも高い位置に腕が来た時にどのシャフトラインになっているか、また肘の向き・右腕の伸び方体の捻転のされ方がどの形になっているかを意識して作っていく。そこに向かって振っていくとなるとインパクトはただの通過ポイントになって来ます。

なので、インパクトで力が入ってしまったり右手で打ちに行くという動きが減って来ます。

フォローのラインを意識してショットをしていきます。

チェックして頂きたいのは、肩のラインに来た時に足はまだ上がって来ていません。また前傾角も伸び上がって来ていません。前傾角がキープされた状態で肩の前・上位まで意識をして振っていきます。
シャフトラインはボールの後方をグリップエンドが向いて来るように意識をしていきます。左の肘もここでチェックして頂きたいのですが、この様に曲がり過ぎてしまうパターン、これだと手打ちになってしまいます。

またフォローのラインが上に上がってしまうので左腕はなるべく曲げない意識で振っていきます。そのポジション、肩を過ぎたラインまでこのイメージを持っておくと綺麗なフォロースルーが取れまたショットが安定して来ます。

それでは一度打ってみます。インパクトではなくフォローのポジションを意識していきます。しっかりとヘッドが遠くに振り抜かれて行く意識で振ってみて下さい。

フォローを意識することでヘッドの加速も生まれます。

一度皆さん、インパクトを意識するのではなく肩を過ぎたラインのフォローの形を意識しながらスイングの練習をしてみて下さい!綺麗なスイングが作られます。

以上で終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 728
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画