見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アプローチでロブショットを簡単に打つ方法byみうら倶楽部

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 92
フォローする

【誰でも簡単にできる!ロブショットのマル秘テクニック】

ツアープロ選手がグリーン周りから放つロブショットを打つ姿は傍で見ていてもかっこ良いですし、憧れますよね。ただ、それなりの練習量が必要だというイメージも強く、自分には難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな少し難しいイメージが強いロブショットをもっと簡単に打つため方法をPGAティーチングプロの三浦雄一郎氏が分かりやすく解説!

竹内プロ曰く、ロブショットはグリップの握り方を少し変えるだけで打ちやすくなるとのこと。また、スイング中の過度なフェースローテーション(開閉動作)を抑えて打っていくのが肝だそうです。動画内で出てくるドリルはロブショットだけでなく、アプローチの打ち方に悩んでいるという方にもおすすめです。

【簡単に打てる!ロブショットの手順】

1.片手でグリップを握り、フェース面を1時半~2時くらいの状態になるように開く

2.フェース面は開いた状態のまま、右手のグリップを大きく被せて、上から握るグリップでアドレスを作る(ボール位置は真ん中よりやや左足寄り)

2.右手の甲は上に向けるイメージでクラブを振る

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

アプローチでロブショットを簡単に打つ方法

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日はアプローチでフワッとしたボールを打ってボールを止める打ち方、ロブショットについて説明をしていきます。
ロブショットというのは、グリップの握り方をひとつ変えるだけで非常に簡単に打つことができます。

まずロブショットで大切なのは、スイング中にアドレスのフェイス面を変えずにインパクトをするということ、
これが大切なポイントになります。

よく見かける悪いスイングというのは、
ロブショットをする構えをしているのにも関わらず、
ダウンスイングで右手を使い過ぎてしまい、フェイスローテーションを加えて、
実際インパクトする時は通常の形でロフト角を立てて打ってしまう為、
意外にボールが上に上がらずに飛んでいってしまうケース非常に多いです。

このミスをなくす為に、今回はグリップにひとつ工夫を加えてロブショットを練習して頂きます。
通常のグリップですと、
このような形でスクエアグリップからフックグリップ色々あると思いますが、握られていると思います。
今回は右手のグリップを大きく被せて、
上からこのように握る意識で構えて下さい。
このようにして下さい。

ロブショットというのはボールを上げたいので、
フェイス面をこのように時計の針でいうと1時半◯2時で構えてセットしこの上から右手を被せていきます。
このような形です。
このような形で構えてこのままスイングをしていきます。
右手の甲が上を向いている意識でスイングをしていきます。
それでは一度打ってみます。

(スイング)

このようにすることでフワッとしたボールが簡単に打つことが出来ます。
なぜ右手を被せるとフワッと打つことが出来るかといいますと、
右手の甲を上から被せることによってヘッドをローテーション出来なくなります。
要は右手の手の平が逆に上を向いた形ですと、
インパクトまででこの手のローテーションが入れやすくなり、
可動域を広げていることになりますので、
このように被せることでこちらにも回せない状態を作ってからアドレスを作る。
このように構えること、これをすることで手首の返しがなくなり、
ヘッドが返ってくる動きボールが飛びすぎるという動きがなくなります。

是非一度右手を上から被せて、フェイスを開いて、通常のアプローチと同じイメージで結構です打ってみて下さい。
このようにすることでロブショットは簡単に打つことが出来ます。
是非一度皆さん試してみて下さい。
本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 92
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画