GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

パターのグリップについて

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 597
フォローする

今回はパターでのグリップについてのレッスンです。
  
一体感を出せるパターグリップというのを一つご紹介します。両手の一体感が湧き、手首の動き過ぎが修正されてきます。ぜひ一度試してみて下さい!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。本日のレッスンは、パターでのグリップについて説明をしていきます。

パターのグリップをしっかりと教わった事がある人は少ないと思います。

この様に通常通りのショットのグリップで握って頂いても結構です。オーバーラッピングインターロッキングでも大丈夫です。今回は、しっかりと一体感を出せるパターグリップというのを一つご紹介させて頂きます。

この様に、まず左手は通常通り握って頂き、左手の人差し指を上げて下さい。右手は小指を上げて下さい。この様にしたら、左手人差し指・右手・小指を上げた状態で、まずは両手を密着させます。そうしたら、小指はこの様に上に乗せて、左手の人差し指は右手の指を全体的に包む様に乗せていきます。

このグリップは非常に一体感が出せますので、ぜひ一度皆さんやってみて下さい。

もう一度いきます。人差し指を左手は上げる、右手は小指を上げる、そうしたら両手を密着させる。小指を乗せて、左手の人差し指は指にこの様に乗せていくというのを練習してみて下さい。

この時に気をつけて頂きたいのは、左手の親指のこの部分が全部グリップにくっ付いているというのをチェックして下さい。指で握るのではなく、親指の腹側が全部クラブに密着する様な形で握り人差し指を上げて密着させます。この形で構えると、ストロークが安定して来ます。

逆オーバーラッピングと言うのですが、このグリップをぜひ一度試してみて下さい!

両手の一体感が湧き、手首の動き過ぎが修正されて来ます。

以上で本日のレッスンを終わります。最後までご覧頂き、ありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 597
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画