GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アプローチの距離感を覚える練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 561
フォローする

今回はアプローチの距離感を覚える練習法です。
  
ボールを右手で転がしてピンに寄せていきます。ポイントを押さえて練習してみましょう!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日はアプローチの距離感を右手で覚えていくといった、レッスンをしていきます。

まずアプローチの距離感を出す為に大切なのはリズム・テンポ・タイミング、そして振り幅これらが大切になって来ます。

リズムが早くなってしまうと、振り幅が必要以上に大きくなってしまう。また小さく振り過ぎてしまいこの様になってしまうと、距離を合わせる事は難しくなって来ます。

なので、この形をきっちりと作れるようになれば距離感は合ってきます。

今回やって頂きたいのは、ボールを右手で持って手で転がしてピンに寄せていくという練習をしていきます。

それでは一度やってみます。

ここで落とし場所にしっかりと落として、この腕の振り幅、振っている幅を意識しながらリズムも整えながら、毎回同じように振れるように練習をしていきます。

それでは一度投げていきます。

落とし場所を明確にして、ピンに寄せていきます。この様に右手でイメージを作りこの腕の振り幅を覚えて下さい。

この時に素振り等でも結構です、打つ前にこの様に投げている振りを意識してください。

これ位だったら寄っていくなぁというイメージを持って頂き、クラブを持ってアプローチをしていきます。
先程のこの振り幅で意識をしていきます。リズムも同じです。

この様にしていくと、距離がしっかりと合って来ます。

まずは打つ前に練習場で、この様にボールを投げてみてください。また、投げなくても結構ですが右手で感覚を掴むという腕の振り子運動を覚えてみて下さい。

実際のコースでも打つ前に、この素振りをやって頂くとイメージが湧きやすいかと思います。

以上で本日の距離感を合わせる為の練習法ご紹介を終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 561
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画