GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ショートパットの打ち方 基本編2 ストロークについて

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 561
フォローする

今回はショートパットの打ち方、ストロークについてのレッスンです。
  
肩の上下運動を意識したストローク。ポイントを押さえて練習してみましょう!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日はパターのストロークについてレッスンをしていきます。

ストロークというのは、真っ直ぐ動かして真っ直ぐ出す、これが正しい動きになります。

この時に手先の動きを使わずに、肩の上下運動を使ってストロークをしていきます。

サイドから見るとこの様な形です。左肩が下に下がって左肩が真上に上がる、左肩が下がって左肩が真上に上がる。この意識だけを持っておく事で、ストロークは真っ直ぐ動かす事が出来ます。

例えば左肩が下に下がって左斜め上に動いてしまうと、ストロークはこの様な動きをしてしまいます。左肩をイメージして下さい。

左肩を下げて左肩を上げる。この様にする事で、非常にストロークは真っ直ぐ動かしやすくなります。

今回は、これをクロスハンドでやってみて下さい。

クロスハンドで左肩を意識して、左肩を上げる左肩を下げて上げるという意識で練習すると、肩の動きが非常に掴みやすくなって来ます。

逆にグリップを持って、左肩を下げて上げるこれだけで結構です。

この練習をする事で、正しいストロークが身について来ます。

この時に気をつけて頂きたいのは、左肩を下げた時に顎の傾きも下がってしまう事。また上げる時に、頭の向きも上がってしまわないように気をつけて下さい。

あくまでも肩だけを動かす。肩を下げて肩を上げるこれだけを意識して、練習をしてみて下さい。

ストロークが正しい動きになって来ます。

以上で本日のレッスンを終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 561
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画