クラブヘッドの重さを効率よく使い飛距離アップを目指す素振り法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

クラブヘッドの重さを効率よく使い飛距離アップを目指す素振り法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 658
フォローする

今回は飛距離アップに繋がる素振り法について説明をしていきます。

支点を短くする事でクラブヘッドの重さをより感じ、ヘッドが加速していく走っていく動きを体感する事が出来ます。正しいヘッドの重さを感じたスイングを作り、飛距離をアップさせましょう。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日のレッスンは、飛距離アップに繋がる素振り法について説明をしていきます。

グリップの持ち方を、まず一度皆さんにチェックして頂きたいと思っています。

この様にグリップを握って頂くのですが、グリップがこの様にグリップ全体を長く握っていないかどうかをチェックしてみて下さい。

指に、この様に隙間が空いているグリップだと、この支点になる部分スイングの支点になる部分が長くなってしまい、ヘッドの動きが感じられなくなってきて、棒打ちの様な形になってしまうスイングを作ってしまいます。

この様になってしまうと飛距離・ヘッドスピードのロスになってしまいます。

なので、まずグリップをこの様にしっかりと指が全部密着されているかどうかという事を確認してみて下さい。

この様にする事で、ヘッドから考えた時の支点部分が短くなり、ヘッドの重さをよく感じる事が出来ます。この様にする事でヘッドスピードはアップしていきます。

自分のグリップが長くなっている方は直して下さい。密着させて下さい。これを一度チェックしてみて下さい。

今回、ご紹介していくのは更に支点を短くして、ヘッドの重さを感じてスイングを作っていくといった素振り法をご紹介していきます。

左手のグリップの上に右手をこの様に乗せて頂き、人差し指だけこのグリップに触っていきます。この様にすると支点部分は限りなく短く作る事が出来ます。この様にしてスイングの練習をしてみて下さい。

この様にすると、ヘッドの加速している感覚が非常に分かりやすく、ヘッドの重さを感じ易くなる為、しっかりとヘッドが加速していく走っていく動きを自分で体感する事が出来ます。

これを繰り返しやって頂き、正しいヘッドの重さを感じたスイングを作れるように、柔らかいスイングを作れるように練習をしてみて下さい。

この素振りをぜひ一度皆さん試してみて下さい!

以上で本日のレッスンを終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 658
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画