GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アプローチの精度を上げる右手・左手1本打ち練習法

奥山ゆうし
  • 総いいね数: 51
フォローする

【体のターンを使って打つ!右手・左手の1本打ちドリル】

ここ一番のしっかり決めたい場面のアプローチなど、緊張感のあるアプローチショットは腕だけで振ったり、スイング中に急に頭が動いてしまうと、手前をダフったり、トップしたりといったミスが出てしまいがちです。

プロゴルファーの奥山プロによると、右手・左手の1本打ちドリルを実践することで軸を持って体で振れるシンプルなアプローチを身につけることができるそうです。1本打ちはしっかりと体をターンして振ってあげないと当たりません。右手打ちと左手打ちでボールが打てるようになると、普通のアプローチの完成度もアップするそうですよ。

内容が少しでも気になったという方は今すぐ動画をチェック!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

右手・左手1本打ち練習法

奥山ゆうしプロ:今日はアプローチの練習でとっても必要な右手一本打ち、
左手一本打ちをします。アプローチでの片手打ちは凄い重要です。
体が一緒にターンしないとスムーズに当たりません。
このように腕を動かしては手前をダフったり、トップしたりしてしまいます。
軸が動いてもちゃんと当たりません。しっかり軸を持って体で振ってあげることで
シンプルにアプローチができます。

左手一本打ちもしっかりと体をターンして振ってあげないと当たりません。
腕だけで振っていたり、頭が動いていては上手く当たりません。

では実践してみます。
●右手1本打ちアプローチ
●左手1本打ちアプローチ
●最後は両手で打ちます!→完成度が上がりチップイン!

このように右手打ちと左手打ちがしっかり振れることによって普通のアプローチの
完成度も上がります。是非練習場で打ってみてください!

この動画を撮った人

奥山ゆうし
  • 総いいね数: 51
フォローする

youtubeのプロokuyama チャンネルをやってます!PGAトーナメントプレーヤープロ!茨城オープン優勝経験あり!本気で上手くなりたい方個人レッスンもやっています!

マイリストに追加

関連動画