GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

無理のない自然体なアドレスの作り方

フラッグスゴルフスクール
  • 総いいね数: 116
フォローする

今回は橋本プロが伝えてくれるのは、ついつい硬くなってしまいがちなアドレスを自然体で作る方法。

今一度自分のアドレスをチェックしてみると発見があるかもしれませんね!

橋本プロのレッスン内容書き起こし

橋本プロ:
皆さんこんにちは!フラッグスゴルフスクールの橋本です!

今回はゴルフスイングで最も重要なアドレスの姿勢についてお伝えしていきます。

ゴルフでいうアドレスとは構え方についてです。このようにボールに対して構えを作っていくわけですが、この構え方がしっかりと出来ていないと、ゴルフスイングっていうのはその後のスイングも乱れてしまいます。

正しいアドレスとは、体に無理がなく自然体に構えられる事がとても重要です。

正しいアドレスを作る前に、まず地球に対して真っ直ぐ立てているかどうかをチェックしていきます。

このようにクラブ1本を持っていただいて背中側にクラブをあてます。真っ直ぐ立つイメージを持って後頭部、肩甲骨、尾てい骨をクラブに付けてみてください。この時に腰の所に手のひら1枚分の隙間をあけるようにしてみてください。

このように真っ直ぐ立つ事が出来たら、その場で軽くジャンプを繰り返します。数回ジャンプをして着地した時の姿勢をよく覚えておいてください。

それではクラブを持って実際に構え方の手順を行なってみます。

まずは自然体で真っ直ぐに立った姿勢でクラブを胸の前で持ちます。この時に手元の位置よりもクラブヘッドのほうがやや上にある状態をキープしてください。

次に軽くジャンプを繰り返して着地をした姿勢をキープします。足首を軽く緩めてあげて、いつでも動ける状態を作っていきます。

そのまま、みぞおちをヘコませながら微調整をし、最後にクラブを地面に落としていきます。

皆さんいかがだったでしょうか?

正しいアドレスとはいつでも動ける状態である事、そして自分にとって無理のないアドレスになっているかどうかっていう事が、非常に大切なポイントになってきます。

皆さんも繰り返し練習して自分にとっての自然体なアドレスを身につけてみてください。

是非、トライしてみてください!

この動画を撮った人

フラッグスゴルフスクール
  • 総いいね数: 116
フォローする

フラッグスゴルフスクールは「楽しく学ぶゴルフ」をコンセプトに、千葉・埼玉で開校しています。感覚を大切にしたプチレッスンやもっとゴルフが楽しくなる情報を動画でお届けします!

マイリストに追加

関連動画