見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

手打ちスイング修正 体の回転でスイングするための素振り法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 131
フォローする

体の回転でスイングするための素振り法

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日は手打ちスイングを修正し、体の回転でスイングをする為の練習ドリル、素振り方法をご紹介します。

この、まずバックスイングからトップにかけて体を捻転していくんですが、この時に切り返す時に手先が先に動いてしまうと手打ちスイング。
この手先が先に動いてしまうとダフリやトップといった動きになってしまいます。

この切り返しの所で手先が動かないように、クラブのタメをしっかりと作ってスイングできるように今回この素振りを是非試してみてください。

まずバックスイングを通常通り体を捻転して作っていきます。

この時にこのシャフトラインを右肩に当てます。右肩に当てたらこの肩から離れないように体をターンさせそうしたら、ターンができたらあとはクラブを落していきます。
このような形です。

もう1度やってみます。トップを作ります、肩に当てます肩から離れないように体を回します。
この動きを何度も素振りでクラブのタメ、手先を使わないスイングを練習していきます。

このトップで肩に当てるっていうと、この肩のラインっていうのはスイングプレーンのオンプレーンラインに入ってきます。

通常バックスイングがこのようになっていたり、このようになってしまうと、ここのインサイドからクラブが入ってしまったりアウトサイドから入ってしまいます。

今回の素振り方法はこのスイングプレーンも正しい形になります。

肩に当てているラインでこのように動かし、離していきます。

このイメージで素振りを続けることでクラブのこの切り返した時のタメというのが作られます。

ここでキャスティングスイング、手先が動いてしまうスイングが直りますので是非チャレンジしてみてください。

この素振りを何度かやった後に1度、今のイメージで打ってみます。

この素振り是非1度皆さん試してみてください。自分がどれほど手が動いているのかっていうのに気がつくことができます。

以上でレッスンを終わります。最後までご覧いただきありがとうございました。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 131
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画