アイアンをダウンブローに打つための練習法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アイアンをダウンブローに打つための練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 658
フォローする

【すくい打ち解消!】
“みうら倶楽部”竹内雄一郎プロによるレッスン動画!
今回はアイアンのすくい打ちを防止して、正しい軌道、ダウンブローで打つための練習ドリルです。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

アイアンをダウンブローに打つための練習法

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日のレッスンはショートアイアンでダウンブローに打つ練習方法についてレッスンをしていきます。

まず左手は通常のように、このようにグリップしてください右手はシャフトの真ん中を持ってこのように構えていきます。
右の肘はこのように曲がるようにセットしてください。

このように曲がる動きではなくて上に曲がる動きでセットし、このシャフトラインはまっすぐスタンスに合わせて構えていきます。このような形です。

ここからバックスイングをします。このようにしたらダウンスイングでここです。

このハーフウェイバックのラインまで何度も下ろしていきます。

ここの確認ポジションはシャフトラインがスタンスと平行になるように意識をしていきます。このラインです。

このラインで何度も止めて確認をしてみてください。

ここでこのようになってしまったりこのようになってしまうと、正しいスイング軌道、正しい入射角で入ってきません。

このポジションがスムーズに作れるように練習をしてください。この際に手首がほどけてしまって、右手がこのように伸びてしまうとアウトサイドから入ってしまう形になってしまいます。

なのでバックスイングでできた右の肘の角度、左腕の長さっていうのを変えないように体のターンだけで打っていきます。

このようにすることで正しいポジションにクラブが入ってきます。

これを意識してショットをしていきます。

1度アドレスを作ったら先ほどの所まで持ってきます。ここでスタンスとシャフトラインは平行です。

もう1度いきます。確認しましたら1度打っていきます。

はい、このようにすることで正しいスイング軌道、入射角でクラブが入ってきます。

是非1度皆さん確認してから練習をし、ダウンブローに打てるように練習をしてください。

以上で本日のレッスンを終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 658
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画