アイアンの精度を格段にあげる練習法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アイアンの精度を格段にあげる練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 703
フォローする

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:
皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。

本日のレッスンは、狭いホールで方向性をなんとか重視してボールを前に運びたいといった練習となります。

これはドライバーでも、アイアンでも、フェアウェイウッドでも、ユーティリティでも、全て効果がありますので是非一度試してみてください。

今回意識していただくのは、体の面とフェイス面が常に垂直の関係になっているという意識を持って練習をして頂きます。

このように持っていただいて、体の面とこのフェイス面が真直ぐ向いているというのを常に意識して、どこのポジションでもそのポジションで真正面を向いているという形を作る、これを意識することで方向性は安定します。

ここで今回やって頂きたいのは、手首の動きコックを使わないでスイングをする練習をするということです。

正面に来た時に、もちろん真っ直ぐになっています。
体の正面になっている時にボールは真っ直ぐ飛ぶので、例えばこうなってしまったり、こうなっている状態でインパクトを捉えると方向は安定しません。

コックをしないノーコックでスイングを体の回転だけで打つ、体の回転だけで打つ意識で練習を繰り返す。

体の面を右に向けて左に向ける、それと同時にヘッドが一緒に付いてくるといったイメージでスイングをすることで方向性はとても安定してきます。

この練習を何度も繰り返し行ってください。

このイメージが出来ることで、頭の中でヘッドの動きフェイス面の向きがイメージしやすくなってきますので、通常のショットを打つ時もかなり方向性が良くなります。

この練習ドリル是非取り入れてみてください。

本日は以上で終わります。最後までご覧頂きありがとうございました。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 703
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画