GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

朝一ショットで失敗しないためのドリル

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 611
フォローする

今回は、朝一ショットで失敗しないためのドリルです。

どうしても朝一は体が回りにくい、皆が見ているので緊張して手に力が入りやすいといった理由でミスしがちです。

そこで今回は朝一のホールで確実に真っ直ぐ飛ばすための方法をお伝えします。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロのレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。本日は朝一ショットで失敗をしない為のスイング法についてレッスンをしていきます。

どうしても朝一は体が回りにくい、また皆が見ているので緊張して手に力が入りやすい、手打ちになりやすい、様々なミスを引き起こしてしまいます。

最初の朝一ショットは、まず飛距離は捨てて下さい。飛距離を飛ばそうとする事は止めてください。1番ホールから飛距離を出そうとするのは、ほぼミスショットになると言っても過言ではありません。

バックスイングをする際にオーバースイングになりやすくなってしまうので、今回は手首の動きを一切使わないスイングを練習していきます。

手首の動きを使わずにボディターンだけ意識してスイングをしていきます。

極端に言うとこの様な形です。肩の前までで結構です。肩の前までこの様に上げて肩の前まで振っていく。ここから肩の前まで上げて肩の前まで振っていく。なるべくこの時に体の正面にクラブヘッドがあるという意識を常に持って下さい。

例えば手だけ上がってしまう人は肩の正面にヘッドがきません。バックスイングの時も手首を使わないので、体の正面に手が常にある意識を持ってスイングをしていきます。

そのままダウンスイングもインパクトもフォローのラインも、全て体の正面にヘッドがある、これを忘れないように朝一ショットやってみて欲しいのですが、今回やって頂く練習は、まずは練習場で朝一の為の練習をしていきます。

クラブを少し短く持ってこの様に立って頂き、肩の前までノーコック、そこからダウンスイングで体の回転、とにかくこの事を意識して練習してみて下さい。

正面にヘッドがある、戻す、これを行う事でボールは極端に曲がりません。

コックが入り叩きに行こうとすると、テンプラであったり左に引っ掛けてしまったり、体が起きて右プッシュからのスライスが出てしまったり様々なミスを引き起こしてしまいます。

なので「朝一ショット、どうしても緊張する場面なんとか真ん中に打ちたい」「狭いホールで緊張した場面なんとか真っ直ぐ打ちたい」という方は、この様に肩の前までノーコックで上げてそこで中心軸を意識してターンするこれだけを意識してゆっくりスイングの練習を進めてみて下さい!

これを行う事で朝一ショットミスショットがなくなります。

以上で本日のレッスンを終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 611
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画