GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

力が入ってしまっている時のアドレスチェック方法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

今回は、緊張した場面、力が入ってしまう場面でリラックスしたアドレスを作る為の方法についてのレッスンです。

緊張した場面では、力を入れていないつもりでもグリップに必要以上に力が入ってしまっているもの。

そのためレッスンではアドレスの後ある動きをすることでリラックス出来ているかを確認します。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!PGAティーチングプロ竹内です。本日は緊張した場面、また力が入ってしまう場面で、リラックスしたアドレスを作る為の方法についてレッスンをしていきます。

このアドレスですが、どうしても知らない間に上体だけに力が入り、グリップが必要以上に握られてしまい、この様な形で力が入ったアドレスになっている方たまに見かけます。

この様になってしまうとバックスイングはスムーズに動くはずがありません。

なので上体のリラックスをアドレスで作るという事は非常に重要なポイントになって来ます。

ただ、「リラックスして下さい」「上体をリラックスさせて下さい」と言われても実際自分は力が入っていないつもりなのでリラックスさせる事は出来ません。なので今回はルーティーンの中で一つ皆様にやって頂きたい動きがあります。

ここでアドレスを作ったら、ボールの横でアドレスをきっちり作ったら、一回ヘッドと前傾角を持ち上げて下さい。ここで肩のラインをしっかりと自分で落とすように意識をして手のラインも柔らかく、自分のお腹の前までこの様に手を持って来る事で肩の力入ってるなというのを感じる事が出来ます。

下にいるとどうしてもボールに集中してしまい、力が入っている事に気が付かずスイングを開始してしまいます。一回ここまで持って来てリラックスしているなという事を意識してアドレスを作ります。

ここで意識して頂きたいのは、肩のラインもここのポジションで持ち上げていると真っ直ぐ向いているかどうか目線に入って来ると思います。このラインもここでしっかりと合わせるようにして下さい。

例えば右手に力が入り過ぎてしまっている方、この様になってしまいます。この様になってしまって持ち上げてしまうと、こちら側に来て、「あっ肩のラインが違うな」という事に気が付けてここで構える事が出来ます。

ここに上げた時に肩・腰のラインが一度真っ直ぐになっているかどうかチェックして構えていきます。そのまま後は前傾角をとって降ろすだけです。

この様にする事で上体の力は限りなくリラックスした状態になっています。ここでゆっくりとスイングをしていけばスムーズにスイングする事が可能です。

アドレスでの力を抜く方法、まずはお腹まで手を持ち上げて上体の力が抜けているかどうか確認する、また肩のラインを合わせる右肩に力が入っているのか左肩に力が入っているのか、これも気が付く事が出来ます。

以上で本日のレッスンを終わります。しっかりと確認してショットをするようにして下さい。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 509
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画