失敗しないアプローチ〜女性のための100切りレッスン〜 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

失敗しないアプローチ〜女性のための100切りレッスン〜

ゴルフの窓口タカゴルフプラン
  • 総いいね数: 107
フォローする

“ゴルフの窓口 タカゴルフプラン”のLPGAティーチングプロ“吉村史恵”のダメダメシリーズ!

吉村プロがアプローチ3つのダメな打ち方を紹介!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

失敗しないアプローチ

吉村プロ:
こんにちは!ゴルフの窓口タカゴルフプラン、ティーチングプロの吉村史恵です!

今回はアプローチについてです。

アプローチには「ランニングアプローチ」「ピッチエンドラン」「ピッチショット」とありますけれども、100を切るためによく使う「ランニングアプローチ」と「ピッチエンドラン」を紹介したいと思います!

ではアプローチが上手くいかないダメダメポイントを3つ紹介します!

まず1つ目、これダメ!
スタンス幅が広すぎるこうすると軸がブレやすくなります。

それともう1つ、クラブヘッドの最低点がボールの手前になりすぎて、ダフったりトップしやすくなります。

2つ目、これもダメ!
リストを大きく使いすぎて、思っているよりも飛びすぎてしまう。
そしてバックスイングが思っているよりも大きく上がりすぎてインパクトで緩めてしまう。大きく上げて小さくなってしまったりして距離が安定しません。女性に特に多いので気を付けましょう。

最後に3つ目これもダメ!
落とし場所を決めていない。ボールとグリーンまでの間にラフやバンカーなど障害物がある時はランニングアプローチは使えません。そういう時はピッチングウェッジで半分上げて半分転がすピッチエンドランを使います。
何も障害物が無くて使えるランニングアプローチ、障害物を越えなければいけない時に使うピッチエンドラン、それぞれ落とし場所を決めてから打たないと大変なミスになります。

では今の3つのことに気を付けて打てば大丈夫です。

足を自分の足が1つ入るくらいに広げます。リストを使うことなくパッティングの要領で肩を動かしながら、グリップがどこまで動くかこれで距離を調節します。

では実際に打ってみます!

打つ前に芝の状況を見て、クラブを選択し落とし場所を決めて、パッティングの要領でアプローチします。そうすれば2パット圏内に収まるはずです。

頑張ってくださいね!では次回の配信をお楽しみに!

この動画を撮った人

ゴルフの窓口タカゴルフプラン
  • 総いいね数: 107
フォローする

ゴルフの窓口タカゴルフプランは、公益社団法人日本プロゴルフ協会及び一般社団法人日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得したスペシャリストが、初心者から上級者まで質の高いゴルフ指導を行います。

マイリストに追加

関連動画