障害物を越えて距離も出すボールを高い弾道で打つ方法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

障害物を越えて距離も出すボールを高い弾道で打つ方法

ゴルフの窓口タカゴルフプラン
  • 総いいね数: 107
フォローする

タカゴルフプランのPGA須田貴三プロが「ボールを高い弾道で打つ方法」を動画でレッスン!

プレー中に目の前に気がある時や山越えのホールでボールを高く上げなければならない時ってありますよね。

須田プロの話によると、ロフトが寝ているクラブを使えば、ボールは高く上がるとのこと。

でも状況によっては距離も出していかなければならない時ってよくありますよね。

今回はそんな状況で使えるテクニックを教えて下さるとのこと。

皆さんは弾道を高くしたいと思った時、どうやってボールを打っていますか?

今回は須田プロがアマチュアゴルファーが陥りがちなミスも含めて、じっくり解説して下さるそうです!
気になる方は是非、チェックしてみて下さい。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

タカゴルフプラン須田プロによるレッスン内容書き起こし

須田プロ:
こんにちは!
ゴルフの窓口グループタカゴルフプラン、ティーチングプロの須田貴三です。

今回は高い球の打ち方についてご説明してまいります。

ドライバーショットが大きく曲がって隣のホールに行ってしまった時や、ボールとグリーンの間に木が立っている時など、ボールを高く上げる打ち方が必要な場合もあります。

ボールを高く上げるためには基本的にはロフトが寝てるクラブを使えば良いのですが、状況によってはボールを高く上げ、さらに距離も出さなくてはいけない場合もあります。

コースでいきなりやろうと思ってもなかなか難しいので、練習場でもしっかり練習しておきましょう。

それでは打ち方の説明をします。
アドレスの時にボールは左足踵の内側の延長線上に置き、姿勢は目線をやや高い方向に合わせるように構えます。

そうするといつもより軸がやや右に傾いた感じになり体重が右足に多くかかった状態になります。

この姿勢を保ったままフォロースルーでやや高い方向に振り抜くようにスイングしていきます。

それでは打ってみます。

ボールを左足の踵内側の延長線上に置いて目線をやや高い方向に合わせます。

この時の注意点ですが、ボールを高く上げようとする意識が強すぎてすくい上げるような打ち方になってしまいますと、ボールの手前をダフったり、逆にボールの上を叩いてトップになったりというミスが出やすくなります。

アドレスの時の姿勢をできるだけ保ってリズムよく、バランスよくスイングできるようにしていきましょう!

以上が高いボールの打ち方の説明です。
レベルアップを目指す方は是非チャレンジしてみて下さい!

それでは次回の配信をお楽しみに!

この動画を撮った人

ゴルフの窓口タカゴルフプラン
  • 総いいね数: 107
フォローする

ゴルフの窓口タカゴルフプランは、公益社団法人日本プロゴルフ協会及び一般社団法人日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得したスペシャリストが、初心者から上級者まで質の高いゴルフ指導を行います。

マイリストに追加

関連動画