GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

向かい風や、木の下を抜ける時の低い球の打ち方

フォローする

今回は、向かい風や木の下を抜ける時に有効な、低い球の打ち方についてです。

ロフトが立っているクラブだけではなく、色んなクラブで低い球が打てると、色んな場面で使えますね!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

PGA須田貴三プロによるレッスン内容書き起こし

須田貴三プロ:
こんにちは!ゴルフの窓口グループタカゴルフプランティーチングプロの須田貴三です。今回は低いボールの打ち方を説明します。

低いボールを打つにはロフトの立っているクラブでショットすれば良いのですが、木の枝の下を通してグリーンを狙う時や、向かい風が強い時など、色んなクラブで低いボールを打つことが必要になってきます。レベルアップには欠かせないショットなのでしっかりマスターしておきましょう。

それでは低いボールの打ち方のポイントを説明します。

まずボールの位置は通常の位置よりやや右にくるようにします。目線をこれから打とうとする低い位置に合わせて、体重がやや左にかかるようにアドレスします。この姿勢を保ちながらスイングしていきます。この時に手首をあまり使いすぎないようにすることや、フォロースルーを体の回転に沿って低く振り抜くように意識することがポイントになってきます。

それでは打ってみます。低いボールを打つ時に、極端に上から叩きつけるようにスイングすると、右肩がかぶって左に引っかけてしまうこともあります。アドレスの時の姿勢を保ってバランス良く、リズム良くスイングすることを心がけてください。

コースでいきなりやろうと思っても中々難しいので、練習場でもしっかり練習しておきましょう。

以上が低いボールの打ち方の説明でした。それでは次回の配信をお楽しみに!

この動画を撮った人

フォローする

ゴルフの窓口タカゴルフプランは、公益社団法人日本プロゴルフ協会及び一般社団法人日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得したスペシャリストが、初心者から上級者まで質の高いゴルフ指導を行います。

マイリストに追加

関連動画