テークバックで体のねじれ90度をつくる方法 | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

テークバックで体のねじれ90度をつくる方法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 728
フォローする

【上体の捻転不足解消!】

今回はテークバックの「上体の捻転不足を解消するためのレッスン」です。

バックスイング時、身体の捻転が出来ていないと感じる方にオススメです!
——————————–
PGAティーチングプロの竹内雄一郎です。

本日は、テークバックで体のねじれ90度をつくる方法について、
紹介したいと思います。

テークバックで上体をしっかりと捻転させる方法について、
レッスンしていきます。

アドレスからテークバックにかけて、
手先を動かしすぎて、身体の捻転ができていないバックスイングを
作っている方が多いです。

今回はテークバックを見直して、上体の捻転不足を解消していく
レッスンをしていきます。

テークバックでは、腕と肩でできる三角形を崩さないように、
バックスイングをしていきます。

ドライバーのような長いクラブを打つときは、
ヘッドが地面を滑るように上げていきます。

そうすると、ヘッドが腰にきた時点で、
上体が捻転されていることが分かります。

ヘッドを少なくとも右足の前くらいまで、
滑らせる意識を持って下さい。
上体の捻転不足を解消することができます。

注意点としては、ヘッドを滑らせようとする意識が強いと、
ヘッドをインサイドに引いてしまうことがあるので、
注意して下さい。

バックスイングは、目標方向と反対側にまっすぐ引いて下さい。
捻転不足を解消することができます。

詳しくは動画をご覧下さい。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

テークバックで体のねじれ90度をつくる方法

竹内プロ:
皆さんこんにちは!

本日のレッスンはこのテークバックの動きの時に上体の捻転をしっかりと捻転させる方法についてレッスンをしていきます。

このようにアドレスをしてから動かしていく際に、手先で動かし過ぎて身体の捻転が出来ていないバックスイングを作っている人が多いです。

なので今回はテークバックを少し見直して、上体の捻転不足を解消していくといったレッスンです。

こちらは非常にシンプルです。

このアドレスから構えて頂き、腕と肩で出来る三角形を崩さないように、腕と肩で出来る三角形を崩さないように、この際に、このテークバックというのは地面から、なるべく上がりが上がっていかないように気を付けます。

ここのテークバックがヘッドが先に上に上がっていこうとすることで、身体の捻転というのは作りにくくなってしまいます。

なので、ドライバーなど長いクラブを打つ時はなるべく地面を滑るような意識でバックスイングを作っていきます。
このようにすることで腰の位置で上体が90度捻転されているのが分かるかと思います。

ここから地面を少し右足の前ぐらいまで滑らせていくような意識です。このようにすることで上体の捻転不足というのは解消されます。

これをやっていただく際に気を付けていただきたいのは、ヘッドを上げちゃいけないという意識で地面を滑らせていこうとする動きから、このようにインサイドにバックスイングを作ってしまうのはNGです。

ここから真っ直ぐ後ろに引いてくる地面を滑りながら真っ直ぐ引いてくるここからNGなのはこのような動き、というのは捻転不足になるということです。

このテークバックで打っていくと上体が簡単に捻転されていきます。

是非皆さんもテークバックの動かし方ちょっと意識をしてやっていただきたいと思います。

このようにすることで上体の捻転不足解消されます。最後までご覧いただきありがとうございました。

この動画へのコメント

  • 縦長の動画って初めて見ました、全身見えていいですね。今度練習の時見てみます。
    2017.06.07 18:55

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 728
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画