見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

スイング中の右肘の動かし方とストレッチ方法byみうら倶楽部

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 64
フォローする

【スイング中の右肘の動かし方とストレッチ方法】

ゴルフスイングでは基本的に右肘というのは、バックスイングからダウンにかけてあまり使わないそうですよ。皆さん、ご存知でしたか?

みうら倶楽部の動画レッスン、今回は「右肘の動かし方とストレッチ方法」がテーマです。
竹内プロの話によると、スイング中の右肘というのは体との距離感を保つだけという意識を持つことが大切なんだそうです。右肘に力が入ったり、右肩に力が入ってしまうと、スイングにぎこちなさが出てきますので右肘は基本的に使わないと思うことが大切なんだとか。動画内で紹介いただいたストレッチを実践することで右肩の筋肉が柔らかくなるそうです。また、バックスイングからダウンスイングにかけての右肘を内側に絞る動きがよりスムーズになるとのこと。

内容が少しでも気になった方は今すぐ動画をチェック!!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロ:
皆さんこんにちは!
本日はスイング中の右肘の動きについてみていきます。
この右肘の動きなんですけども、まず左手をこのように手の平を伸ばして立ててください。
このように外から右肘を当てて、アドレスを作ります。
まずクラブを持っていると重たい方はクラブを無しでも大丈夫です。

このようにアドレスをとっていただき外からこのように右肘を抑えます。
ここでこの肘が外に流れていかないようにこの左手で押さえたままバックスイングを作っていきます。
この左手はこっち側に、内側に引っ張っているイメージを持って常に圧力をかけてください。

このような形です。
このようになっていると、このようにトップがクロスしてしまったり、またこのように高い位置に肘がくることがなくなりますので、スムーズなバックスイングを作ることができます。
何度もこのように右肘を左手であてがってこのようにスイングを作っていきます。

このような動きができたら次はダウンスイングです。
この肘の向きっていうのは大きく変わることはありません。
このように外を向いてくるような形になってしまうと、このヘッドはアウトサイドから入ってきてしまいますので、肘にあてがったまま、内側に圧力をかけたままダウンスイングを開始します。
このシャドウスイングを何度も繰り返し行なってみてください。
このようにすることで右肘の動きが修正されてきます。

基本的に右肘というのは、バックスイングからダウンにかけてあまり使いません。
意識をして使う必要はありません。
この右肘というのは体との距離感を保つだけという意識で思っていてください。
ここの肘に力が入ったり、右肩に力が入ってしまうと、スイングにぎこちなさが出てきますので右肘は基本的に使いません。

真正面から見てみます。この形です。
右の肘を内側に絞るという動きっていうのはこの肩の柔らかさが必要になってきます。
なので今回はこのように背中で背負っていただいてストレッチを行なっていただきます。
ここから肘の所をキープしたままこのクラブを後ろに、このように倒してみてください。
このようにすることで肩の肩甲骨らへんが動いているのがわかります。この形を作った状態がトップになります。

どうしても硬い方は動いているのか動いていないのか分からないと思いますが、少しずつ動かせるように動かしていきましょう。
このような状態を作るだけでも苦しい方はまずはここからでも大丈夫です。ここからこのように動かしていきます。
できる方はこのように動かしてください。

このストレッチを繰り返し行なってまた、シャドウスイングこのように左手をあてがってバックスイング、肘の使い方また体の使い方を覚えてください。
このようにするとスムーズにバックスイングからダウンスイングに入ることができます。
以上で本日のレッスンを終わります。

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 64
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画