GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ショートアイアンで成功確率をアップさせる練習法

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 586
フォローする

今回は、ショートアイアンで正しく綺麗にインパクトを作る練習法についてお伝えします。

ショートアイアンでインパクトの時に体が起き上がってしまうと、トップしてしまってグリーンの奥まで行ってしまうミスに繋がります。

ショートアイアンで大切なのは右足の踵の浮きを抑えること。今回のレッスンで踵の浮きを抑えて綺麗なインパクトを目指しましょう。

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

竹内プロによるレッスン内容書き起こし

竹内プロ:

皆さんこんにちは!本日のレッスンはショートアイアンで正しく綺麗にインパクトを作る練習法についてレッスンをしていきます。

どうしてもショートアイアンで体がインパクトの時に起き上がってしまうと、綺麗にヒットさせる事が出来ず、もう直ぐグリーンなのにトップしてしまって奥まで行ってしまう。

この様なミスは絶対にNGです。今回のレッスンで修正していきましょう!

まずショートアイアンで大事にしていきたいのは、右足の踵の浮きを抑えるという事です。

右足の踵が早い段階で浮いてしまうと体の伸び上がりが発生しボールを打つ打点に届きません。

なので今回はクラブを右足に置いてベタ足スイングで練習をしていくという事です。もちろんベタ足にするのですが、体は捻転していきます。

ベタ足にして手打ちになってしまうと意味がないので、しっかりとこのクラブを落とさないようにショットをしていきます。ここで落ちていなければ大丈夫です。ここで右足の踵の浮きが早い方、乗せてあるクラブが地面に落ちてしまいます。

クラブが落ちないようにアドレスを作ったらこの様にスイングをしていきます。実際に右足の踵を上げていないつもりでも意外に上がっている方が多いです。

なので一度右足の甲にクラブを置いて頂きこの練習をしてみて下さい!この様にする事でショットの安定が作られます。是非一度皆さん試してみて下さい!

本日のレッスンは以上で終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

この動画を撮った人

みうら倶楽部
  • 総いいね数: 586
フォローする

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎 18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。 プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ

マイリストに追加

関連動画