見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アプローチのマル秘テクニック~ロブショットの打ち方~byゴルフの窓口グループSYOKEN

ゴルフの窓口SYOKEN
  • 総いいね数: 22
フォローする

【バンカー越えのアプローチでボールをふんわり上げる矢野秀実流流のマル秘テクニック】

ボールを転がし、足を使ったアプローチが出来ない!どうしようかなぁ??そんなシーンよくありますよね。

そんな時はボールをふんわり上げてビタっと止められるピッチショットやロブショットでちゃちゃっとナイスアプローチを決めちゃいましょう!

今回はゴルフの窓口グループSYOKENのさんがティーチングプロの矢野秀実さんがマル秘テクニックを動画でレッスン!

矢野さんの話によると、ピッチショットを打つ時のボールの位置は左足踵内側、スタンスはあまり広げずに左右対称で打つことが重要なんだとか。

また、ロブショットはフェースを開いてから構えずに、手の位置を先に決めて、その後にアドレスを決めてようにして打った方が上手に打てるとのこと。

あなたもこれで憧れのフィル・ミケルソンのような高く上げてピタッと止まるアプローチが打てるようになるかもしれませんよ・・・。フフフ。

内容が少しでも気になった方は今すぐ動画をチェック!!

※画像をクリックするとムービーが再生されます。 音声が流れますので音量にご注意ください。

アプローチのマル秘テクニック~ロブショットの打ち方~

矢野秀実プロ:
こんにちは!
ゴルフの窓口グループSYOKEN、ティーチングプロの矢野秀実です。
今回は皆さまに、アプローチのマル秘テクニックをご紹介したいと思います!
まずピッチショットからやっていきます。

まずボールの位置は左足踵内側で、
スタンスはあまり広げずに左右対称で打っていきます。
いきます。

(実際にピッチショットで打つ)

このように打っていきます。

はい、続きまして今度は秘伝のアプローチ、ロブショットをやっていきます。
まずこれはバンカー越えでボールを上げて寄せたいやつなので、まずクラブのフェースを開かなくてはいけません。
その時にまっすぐ構えて、フェースを開くのですが、
フェースはこうやって開くのではなくて手の位置をこちらに持ってきます。
そしてこれに対してアドレスしてもらうと、左に向いてフェースはピンを向いているようになります。
そしてそのまま振っていきます。

(実際にロブショットで打つ)

これがロブショットです。
はい、皆さんどうでしたか?
次回の配信をお楽しみください!

この動画を撮った人

ゴルフの窓口SYOKEN
  • 総いいね数: 22
フォローする

ゴルフの窓口SYOKENは、公益社団法人日本プロゴルフ協会及び一般社団法人日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得したスペシャリストが、初心者から上級者まで質の高いゴルフ指導を行います。

マイリストに追加

関連動画