GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ストレートゾーンの左右幅を超えるのがロングストローク

ストレートゾーンの左右幅を超えるのがロングストローク

ショートストロークでパッティングの基本の動きをマスターしたら、少し長い距離のストロークを身につけましょう。

体の使い方の基本は、ショートストロークの時と同じです。一つ異なるのが、振り幅が大きくなることで、ヘッドが体の正面のストレートゾーンから出るという点です。

ストロークといえども、その動きは円運動の一部です。振り幅が広がれば、テークバックでフェースが開き、フォロースルーでフェースは閉じていきます。

これをまっすぐに引いて、まっすぐに押し出そうとすることで、円運動の起動が乱れてしまいます。体幹の動きと手元が連動した、無理のない動作を心がけましょう。

また、振り幅が広くなると、インパクトの1点に意識が集中してしまいがちです。ストレートゾーンにヘッドを通すイメージでスイングすることが大切です。

ロングストロークではショット同様にストレートゾーンを超えたところからヘッドが上がる

ショートストロークではヘッドが直線的に移動して見えるが、振り幅を広げることで、フェースの向きが大きく変化して見えます。つねに円運動の一部だということを忘れないようにしましょう。