GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

距離が延びるとアドレスやストロークが乱れやすくなる!?

距離が延びるとアドレスやストロークが乱れやすくなる!?

パットの距離が長くなると、様々な理由でアドレスやストローク動作が乱れやすくなります。

できるだけ近くに寄せたい、あわよくばカップインなどという「欲」が出たり、過去の経験から「不安」などを感じてしまうのです。

そこで生まれるのが「特別意識」です。

ショートパットでのストレートゾーン内のストロークでは、自然に体を使えていても、振り幅が広がることでいつもより慎重になってしまうのです。

スクエアなインパクトの意識が高くなることで、テークバックがとれずにボールを叩きにいってしまったり、インパクト後にまっすぐに押し出したい気持ちが生まれます。また、カップが視野に入らないため、カップを気にすることで、アドレスやストロークの中の姿勢が乱れやすくなります。

ロングパットでも、最初にラインを確認し、振り幅を決めたら、余計な感情に左右されずにストロークしましょう。

カップを確認する際のボールの見方に注意!

アドレスで状態を前傾させたままカップを確認すると上体が開きやすくなります。また、首を傾げているため、平衡感覚が乱れてラインも見間違えやすくなるので注意しましょう。