GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

複雑な傾斜でもシンプルに考えてラインをイメージ!

複雑な傾斜でもシンプルに考えてラインをイメージ!

グリーンに乗せたのに2段グリーンのロングパッドとなると、一気にテンションが下がってしまいますよね。そこで、何とか2パットで収めるために必要なのが「ラインの読み方」です。

しかし、曲がり方が分かったところで、打球の強さによっては大幅にショートしたりオーバーしてしまいます。ロングパッドでは、ラインを読むと同時に、「ボールのスピードをどうイメージするのか?」が大切になります。

カップまでの距離が長くなるほど、打ち出しとカップ近くでのボールのスピードの差は大きくなります。

そこで大切になるのが、カップ近くに止まるように、ボールの速さを逆算していくということです。途中の傾斜や芝目でどの程度スピードが奪われるのかを考えましょう。

距離感はラウンド経験も必要ですが、傾斜の読み方は誰でもできるはずです。できるだけシンプルに考えることで、ラインをイメージしやすくなります。

大まかなラインをイメージしてカップ付近の休息から逆算しよう!

ロングパッドで、まず考えなければならないのが傾斜や芝目からの影響と曲がり方です。球速が遅ければ大きな影響を受け、速ければそれほど影響を受けなくなります。つまり、カップ付近に止めるつもりで球速を逆算する作業が必要となります。

複雑なラインの場合は、傾斜の変わるポイントで、どの程度の球速が必要かを考慮すると、よりシンプルに整理できます。