GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

オープンスタンスにすればクラブの振り抜きが良くなる!

オープンスタンスにすればクラブの振り抜きが良くなる!

ハンドファーストと同様にフェースを立てるのがオープンスタンスです。オープンに構えるときに気をつけたいのが、胸の向きを変えないことです。胸はスクエアに構えたまま、左足を引いてスタンスだけをオープンにします。

そうすることで、バックスイングで鋭角にクラブが上がるため、自然にダウンブローのスイングができるようになります。そして、スタンスを開いている分、左腰が邪魔にならずに振り抜きがよくなり、フェースが立ったインパクトからインサイドに振り抜く軌道になります。

低い打ち出しで、スピンがかかるため距離感を合わせやすくなります。

ランニングアプローチでは、ボールを横から弾く軌道になるので、スピンはそれほどかからなくても、ランがあまり出ない打球になります。キャリーが出ないのでグリーン周りに限定されますが、下りのフックラインでランを出したくないときなどに有効です。

スクエアなアドレスから胸の向きを変えずに左足を後方に引くのが正しいオープンスタンス

オープンスタンスの作り方は、スクエアに構えたところから、フェースはスクエアにしたまま、左足を後方に引くだけです。このとき、胸はスクエアに構えたまま、上体が開かないように注意しましょう。

この記事を書いたライター