GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

正しいオープンフェースなら寝かせても捕まりが良くなる!

正しいオープンフェースなら寝かせても捕まりが良くなる!

フェースを寝かせてロフトを大きくすることで、高く上がって転がらないボールが打てます。自分の持っている最もロフトが大きいクラブでも飛びすぎてしまうような場面で有効なショットです。

「フェースを寝かせる」と聞くと、極端なハンドファーストに構えてフェースを外側に向けて構える人が多く見られますが、それではボール位置が右側になってすくい打ちになったり、カット軌道でヒール側からのインパクトになるためシャンクしやすくなってしまいます。

正しくフェースを寝かせれば、ボールが普段より左になります。少しトゥ側からのインパクトから、ボールを包み込むように左側に振り抜くため、ボールの捕まりがいいのが特徴です。

チップショットでも、きつい下りラインや手前に切ってあるピンの手前に落としたい時などに有効なショットとなります。

少しボールの近くに立ったところから右足に体重を乗せればオープンフェースになる!

普段より少しボールの近くに立ったスクエアな姿勢から、フェースの向きを変えずに右足に重心を移動します。

胸を水平に回転させ、トゥ側からボールの下に入れるイメージでスイングすれば、インパクトでフェースがインサイドに入るため、ボールの捕まりが良くなります。