GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

傾斜地のアプローチ~つま先上がりはクラブを短めに持ち、オープンに構える!~

つま先上がりはクラブを短めに持ち、オープンに構える!

つま先上がりでは、自分の体とヘッドとの距離が近くなります。ダウンスイングで打ち込もうとして上体が突っ込んでしまうとダフりやすく、横降りになると引っかけてしまいます。

また、傾斜がきつくなるほどボールが上がりやすくなるので、ロフトが立ったクラブを短く持って、胸の水平回転を意識して、できるだけ胸の上下動を抑えてスイングすることが大切です。

つま先上がりやつま先下がりでは、平衡感覚を失いやすくなります。つま先上がりでは、後ろにバランスを崩したくない気持ちが強くなるため、アドレスで突っ込んだ姿勢になりがちです。斜面を下から上って、スッと構えることで、正しいアドレスの姿勢を作れるようになります。

さらにオープンスタンスにすることで、インパクトで自然に振り抜けます。オープンスタンスに立つとラインを出しにくい人はハンドファーストに構えるといいでしょう。

下から斜面を上り、クラブを短めに持ちスッと構えたところからオープンスタンスにする!

アドレスでスクエアに構えたところから、左足をスッと引いてオープンスタンスに構えることで、インパクトで自然にロフトが立ち、引っかけずに低い弾道のボールが打てるようになります。

オープンスタンスに構えるとラインを出しにくいと感じる人は、ハンドファーストに構えることで不安が解消されます。

また、低い弾道でラインを出したいなら、オープンスタンスにした後に左足に重心を乗せて、オープンスタンスのハンドファーストで打つのもいいでしょう。