GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

傾斜地のアプローチ~足もとで傾斜を感じながら、体をまっすぐ折りたたむ!~

足もとで傾斜を感じながら、体をまっすぐ折りたたむ!

傾斜地のなかでもっともバランスを崩しやすいのがつま先下がりです。

斜面の高いところから、傾斜を正しく感じながら下り、ボールの横で垂直に体を折りたたみながらセットすることが大切です。つま先下がりでは、ボールと自分との距離が長くなるので、クラブを長めに持つのがポイントです。

傾斜に合わせてスタンス幅を調整して下半身を安定させ、胸を水平に回転させる意識で上下動の少ないハーフショットのイメージでスイングしましょう。

アドレスを作ったときに、トゥ側の斜面が低いのでボールを捕まえにくく感じても、ロフトを立てたり、ハンドファーストにするのは禁物です。

普通に構えたところからスイングすれば、自然にヒールダウンのインパクトになってボールが捕まります。

どうしても不安に感じたり、ボールを上げたい人は、番手を下げたりフェースを少し寝かしてみるといいでしょう。

グリーンの状況に応じて上がってあまり転がらないボールを打ってみよう!

グリーンエッジからカップまでの距離が短かったり、グリーンまでの間にバンカーなどの障害物があるときなど、上がってあまり止まらないボールを打ちたいときはフェースを開いて打つといいでしょう。

重心のバランスを崩さずに、正しくフェースをひらくことが大切です。