GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

傾斜地のアプローチ~不安定な足場になれることで傾斜地のショットが上手くなる~

不安定な足場になれることで傾斜地のショットが上手くなる

傾斜地からのショットは、実際にラウンドしないとなかなか練習できないとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

しかし、クッションやバランスディスクなどを使えば、自宅でも簡単に練習できます。実際にボールを打たなくても、タオル振りを行うだけで、足場の悪いところでのスイングの感覚が自然に身につきます。

最初は、両脚をクッションに乗せて、タオル振りをやってみましょう。1回でスイングを完結するのではなく、タオルの結び目を肩の裏側にリズムよく当てるように、連続して何回も繰り返すことで、下半身でバランスを維持しながら、股関節を柔らかく使えるようになります。

慣れてきたら、片足ずつクッションに乗せたり、つま先やかかとをクッションに乗せてやってみましょう。傾斜地からのスイングを簡単に身につけることができます。

左足をクッションに乗せる

左足をクッションに乗せることで、左足の荷重バランスの練習になります。実は「左足下がり」のときのバランスのとり方が身につく練習法となります。

右足をクッションに乗せる

クッションに乗せた右足の荷重バランスの練習になります。重心が右足にかかりやすい「左足上がり」のときのバランス練習法となります。

かかとをクッションに乗せる

クッションにかかとを乗せることで、かかとでバランスをとりながら力まずにスイングする能力が身につきます。「つま先上がり」のスイングの練習法となります。

つま先をクッションに乗せる

クッションに乗せたつま先のバランス力が高まる練習法となります。「つま先上がり」のショットを安定させる練習になります。