GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ライ別アプローチ~浅いラフは普通に打てばOK!上げるならオープンに構える~

浅いラフは普通に打てばOK!上げるならオープンに構える

ラフでボールが止まってしまったとしても、横から見たときにボールが半分以上見えていれば、普通のスイングで大丈夫です。

しかし、グリーンとの間にバンカーなどがあるときは、オープンスタンスに構えることでボールが上がりやすくなります。

ピンが手前でランをあまり出したくない場合は、オープンスタンスに構えたところから、フェースを開いて打つといいでしょう。飛距離はそれほど出ませんが、ふわりと上がってランがあまり出ないボールを打つことができます。

また、ボールが芝に浮いているときに上から打ち込もうとすると、インパクトでボールが沈んでチョロになることもあります。

ボールが浮いている場合はフェースを開くことで、リーディングエッジがボールの下に入りやすくなるため、チョロになったり、フライヤーになることも少なくなります。

左足を後方に少し引いたオープンスタンスから右足に加重してフェースを開くと上がって止まる

ボールを上げて、ランを出さずに止めたいときは、オープンスタンスに構えたところから、手もとを体に近づけて右足に重心を乗せることで、ふわりと上がってランがあまり出ない打球を打つことができます。インパクトに向けてエッジのトゥ側から入れるようなイメージでスイングしましょう。